オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

周南市で塗膜が劣化したセメント瓦と漆喰が剥がれ赤土が露出した屋根の点検を行いました


セメント瓦
周南市でセメント瓦と漆喰の無料点検を行いました。
セメント瓦はセメントと川砂を混ぜたモルタルを形成し、塗装をして製造した瓦になります。
塗装をしていますので、経年劣化により塗膜が剥がれて色褪せがします。
セメント瓦は丁寧にケレンをして旧塗膜を落として塗装をする必要があります。
塗膜が剥がれた状態ですと、セメント瓦の吸水が進みセメントの成分のカルシウムが流出し、瓦自体も割れやすくなります。

セメント瓦
棟の漆喰も剥がれていました。
漆喰の剥がれには、シルガード(南蛮漆喰)を使い、漆喰の詰め直し補修が必要になります。
漆喰が剥がれた状態で放置していますと、その隙間から雨水が侵入して下地(野地板)などの腐食に繋がり、雨漏りの原因になります。
漆喰は瓦よりも劣化が早いので定期的にメンテナンスを心掛け致しましょう。

棟漆喰
棟瓦の漆喰が剥がれたままですと、棟瓦自体がずれたり、崩れたりして、棟瓦の取り直し工事が必要な場合がありますので、そうなる前に漆喰の詰め直し補修を致しましょう。
漆喰が劣化しますと、棟瓦の固定力が弱まり、瓦も動きやすくなりますので、瓦屋根と漆喰は切っても切り離せない存在です。
棟瓦の詰め直し工事はこちらをご覧ください。


棟板金
板金も歪んで外れかけてました。
またセメント瓦も外れかけてる箇所もありました。
このままですと防水紙に直に雨水も当たり、防水紙の機能を損ない野地板まで雨が染み込んでしまいますので、瓦のずれを直すか、料金は掛かりますが、瓦自体の葺きなおしが必要になります。
板金部分は交換が必要です。
瓦屋根の葺きなおし工事はこちらをご覧ください。

町の屋根やさん周南店では、セメント瓦や漆喰の補修工事も適切に行っていますので、少しでも心配があればお気軽にご連絡ください。


この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

天井のシミ

本日のブログでは、周南市で行った天井のリフォームについてお伝えします。「ここまでやります無料点検」はこちらをご覧ください「お客様に最高のリフォームを届けるための街の屋根やさんの10のお約束」はこちらをご覧ください

色褪せやカビが発生した外壁

周南市にお住いのお客様より、無料の建物診断や見積もりのご依頼がありました。「築12年くらい経っていて時期的に外装リフォームを考えているので、建物診断や見積もりをお願いしたい」とのことでした。「ここまでやります無料点検」はこちらをご覧ください...........

防水紙と桟木

本日の現場ブログでは周南市で行っている屋根葺き替え工事での新しい屋根材を葺いている様子をお伝えします。前回の工事の様子「周南市の屋根葺き替え工事で屋根材やボロボロになった防水紙を撤去・処分」はこちらをご覧ください

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら周南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-838-878