オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

周南市で屋根材の下端が変色しているスレート屋根を点検しました


周南市にお住まいのお客様より屋根の点検依頼をいただきました。
実際に屋根に上がらせていただくと、毛細管現象という現象が起きている可能性がありました。
スレート屋根
スレート屋根はセメントが主成分の厚さ5mm程度の薄い板状の屋根材で、多くの屋根で使用されています。
業者によっては、カラーベストやコロニアルとも呼ばれますが、商品名で同じものだと考えてください。
スレートの表面は防水のために塗膜で覆われており、経年や紫外線の影響で塗膜が劣化すると防水性が失われ、屋根材に悪影響を及ぼします。
屋根材の先端が色褪せしたスレート屋根
画像を見てもらえば、屋根材の先端が変色していることが分かります。
普通であれば、こんな風に屋根材の先端の色が変わることはなく、屋根材の上下の重なり部分で、毛細管現象が起きている可能性があります。
毛細管現象とは、狭い隙間の中を液体が上昇する現象のことです。
スレート屋根の上下の重なり部分の隙間から雨水が吸い上げられている可能性があります。
スレート屋根の重ね部分
新築時には毛細管現象が起きないよう適切な隙間が開けられています。
築年数が経つことで砂やホコリが溜まり隙間が狭くなって、毛細管現象が発生しやすくなります。

また、屋根塗装が原因で発生することもあります。
屋根材同士の隙間が塗料で塞がれてしまい、僅かな隙間から雨水が浸入します。
それを防ぐための方法が、「縁切り」という工程です。
スレート屋根
縁切りとは、屋根材同士の重なり部分に意図的に隙間をつくる工程で、タスペーサーと呼ばれる部材を屋根材の隙間に差し込む方法が一般的です。
屋根塗装をして数年で雨漏りしたという場合には、縁切りをしていないことが原因であることがあります。
そのため、スレート屋根の塗装の際には、見積り書に縁切りという工程が記載されているかどうかしっかりと確認しましょう。

同じ地域の施工事例

施工事例

周南市にて棟瓦取り直し(積み直し)で瓦が落下した屋根の雨漏り修理

棟瓦が落下した瓦屋根
棟瓦の取り直しの施工後
工事内容
棟瓦取り直し
使用素材
シルガード(南蛮漆喰)
築年数
建坪
保証
工事費用
施工事例

周南市で屋根カバー工法と軒先を長くする工事で雨漏りに強い屋根へ

屋根カバー工法を施工前のスレート屋根
屋根カバー工法を行った屋根
工事内容
屋根カバー工事
使用素材
屋根/セネター
築年数
30年
建坪
保証
工事費用
230~240万円
施工事例

周南市にて台風や地震などの自然災害に強い金属屋根で屋根カバー工法

黒く汚れたスレート屋根
セネターを施工後の屋根
工事内容
屋根カバー工事
外壁塗装
使用素材
屋根/セネター  外壁/無機塗料
築年数
築15年
建坪
保証
屋根/材料品質保証30年 美観保証10年  外壁/10年
工事費用
330万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

棟瓦の取り直し

本日の現場ブログでは、周南市で行った屋根修理の様子を紹介します。今回は、瓦屋根の棟瓦が落下して雨漏りが発生していたため、棟瓦の取り直し工事による屋根修理を行いました。屋根工事をするまでに雨漏りの被害が拡大しないようブルーシートをかけて、雨養...........

のし瓦が落下した瓦屋根

本日の現場ブログでは、周南市で行った点検と雨養生の様子をお伝えします。今回は、瓦屋根の棟から瓦が落下し、雨漏りが発生していたため、ブルーシートをかけて雨養生で応急処置をしました。「屋根の一番上の瓦が落下して雨漏りして困っている」とお問い合わ...........

足場の設置

本日の現場ブログでは、防府市にて雨漏りが発生していた屋根の葺き替え工事の様子を紹介します。防府市にお住いのお客様より「雨漏りをなおしてほしい」とご相談があり、徹底した雨漏り調査をしたうえで、雨漏り修理のために屋根葺き替えを提案させていただき...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら周南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-838-878