山口市の方へ、雨樋の不具合が建物に与える影響とメンテナンス


雨樋に何か不具合があっても大したことはないと思っていませんか。
雨樋は建物にとって重要で、不具合を放置しているとお家に悪影響を与えてしまいます。
今回のコラムでは、雨樋の不具合やメンテナンス方法、時期などをお伝えします。
雨樋(軒樋)
雨樋には、降ってきた雨水を集めて地上や下水に排水するという重要な役割があります。
建物にとって雨水は大敵なので、雨水の排水がうまくいかなければ建物にダメージを与えてしまいます。
具体的には、どんな影響があるのでしょうか。

雨樋にひび割れや歪みなどの不具合があると、屋根から雨水が直接、地面に落ちてしまい、雨音が大きくなったり、地上に落ちた雨水で泥水が跳ねて外壁を汚してしまいます。
雨樋から溢れた雨水が軒を伝って、外壁を流れて汚れたり、カビ・藻なども発生しやすくなります。
また、雨水によって外壁の劣化も早まったり、ひび割れがあると雨水の侵入経路となり雨漏りが起きる可能性もあります。

普段、雨樋の重要性を感じることはほとんどありませんが、雨樋は建物を雨水から守っている重要な存在です。
雨樋の外れ
外れた雨樋
画像は、山口市で現地調査をした雨樋です。
強風の影響で雨樋が外れて、集水器も割れていました。

雨樋が台風や強風で割れたり、外れていれば、見ればすぐにわかりますが、雨樋の歪みなどは素人では判断が難しいと思います。
また、雨樋がゴミ・落ち葉などで詰まっているかは、地上からでは確認できません。
そのため、雨樋の点検は専門の業者に任せましょう。
before1
劣化した雨樋と鼻隠し
horizontal
after1
施工後の雨樋と鼻隠し
外壁塗装、屋根塗装などの時には、ほとんどの場合で雨樋を塗装しますが、雨樋の塗装の主な目的は美観です。
雨樋を塗装しても、雨樋自体の不具合が直るということはありません。
雨樋に不具合がある場合には、その箇所を部分的に交換するか、全部交換するかのどちらかです。
雨樋だけでなく、雨樋を固定する金具も交換する必要があります。

台風や強風、雪の重みなど雨樋の寿命とは関係のない原因で雨樋の歪み・割れ・外れなどの不具合が発生した場合には、部分的に交換しましょう。
ですが、雨樋の寿命は20年程度と言われていますので、それくらい経っている場合には、全面的な交換をおすすめします。
また、雨樋の工事は、外壁や屋根の工事にあわせて交換するようにしましょう。
足場代が一度で済むので、別々に工事をするよりも工事費用を節約できます。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら周南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-838-878