オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

山口市の方へ、FRP防水の特性についてお伝えします


今回は防水工事の一つであるFRP防水についてお伝えします。
FRPは繊維強化プラスチック(Fiberglass Reinforced Plastics)の略で、ガラス繊維などの強化材(補強材)で補強されたプラスチックという意味です。
FRPは強度、耐水性、成型性など様々な優れた特性を持っているために、船舶、水槽、バスタブ、ベランダ・バルコニー、波板、屋根材、自動車など広く使用されています。
皆さまの身近なところですと、お風呂の浴槽にFRP使用されています。
浴槽に大量のお湯を溜められるぐらいですから、そこから漏水することもありませんので、最強の防水方法かもですね。
浴槽にも使われるFRPで防水層を作ってしまうのがFRP防水なのです。
ベランダ
FRP防水は、液状の不飽和ポリエステル樹脂に硬化剤を加えて混合し、この混合物をガラス繊維などの補強材と組み合わせて一体にした塗膜防水です。
従って出来上がった防水層は繋ぎ目のないシームレスな層になり、優れた防水性を発揮します。
FRP防水の材料は、防水用のポリエステル樹脂と防水用のガラスマット、そしてトップコートからできています。
またFRPは防水層が軽くて丈夫で、耐熱性が優れ、劣化やサビにも強いです。
ほかの防水材と比べても軽く、重量にも耐えられます。
さらに、摩耗にも強いため人が上を歩いても剥がれにくいです。
そのため、屋上やベランダ・バルコニーや競技場や工場の床などに使用されています。
自動車の走行にも耐えることができるため、屋上駐車場にも使用されています。
FRP防水のガラスマット張り込み
ベランダのFRP防水
しかしFRP防水も完璧ではありません。
いくつかの欠点があり、それが紫外線に弱いため、ひび割れが起きやすいという点と、施工中のポリエステル樹脂特有の刺激臭の匂いが気になる方がいるという点でしょう。
紫外線に弱いという点は、定期的にトップコートの点検とメンテナンスで解決されます。
また伸縮性がよくないので、木造住宅の場合は木の収縮により、ひびが入ってしまう可能性があり、FRP防水を施工する場所の下地が鉄の場合も向いてません。
FRP防水は他の防水工法よりもメリットは多いですが、材料費が高額なため広い面積の場所には向いてないといえるでしょう。

最後に、雨風や紫外線に長年に渡りさらされているベランダの素材は、様々な理由により劣化して雨漏りの原因になります。
防水工事をすることにより、雨漏りを防ぐのみではなく、建物自体の劣化を防ぐ役割もありますので、ほかの防水工法よりも軽さ、施工の早さ、耐久性の優れたFRP防水ですので、防水工事をするさいには一度取り入れては如何でしょうか。

FRP防水工法の詳しい説明はこちらをご覧ください。

FRP防水は優れた防水ですが、他の防水と同じように年月が経つにつれて劣化してしまいます。
そのため、FRP防水にも定期的な点検とメンテナンスをすることが大切です。
山口市でFRP防水の点検・メンテナンスをお考えの方は、街の屋根屋さん周南店までお気軽にお問い合わせください。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら周南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-838-878