周南市で貸店舗の屋根から雨漏りするとのお問い合わせがあり現場調査にお伺いしました。


補修
周南市古泉の貸店舗から雨漏りがするとご連絡があり、現場に行き雨漏り診断を行いました。
雨漏り箇所を聞き実際に屋根に上がり見てみると屋根の材質は折半屋根で雨漏り箇所の部分の重なり部分にコーキング補修されている箇所がありました。
補修されているコーキングも劣化しておりコーキングの本来の効果は薄れている状態でした。
気になったのはコーキングの回りに水が溜まっています。屋根本来の勾配が少ないことから水はけが悪いのも雨漏りの原因かと思います。
浮き
折半屋根の重なり部分に注目してみました。
目で確認すると折半屋根の重なり部分に浮きが生じていました。実際に重なり部分を歩くとギシギシ沈む状態でした。
基本折半屋根の下は室内になっており屋根から雨が漏ると直接室内に雨が漏ります。これだけ浮きが生じると強い雨風の時は浮き部分の隙間から雨水が侵入する可能性もみられました。
d4320caefcd6073b944faadfaad988f7-1-columns2
雨漏り診断した前日が雨だったのですが雨樋の水が流れず溜まっている状態でした。
長年なにもせず大量のごみが詰まっていると雨樋の水がオーバーフローを起こし雨漏りの原因につながることもあります。
一年に一回は雨樋の点検をすることをお勧めします。
雨樋にゴミが溜まっている場合は高所は大変危険なので屋根専門店にみてもらいましょう。



錆
あと問題はボルトが完全に錆びてました。
防錆や防水加工を行っても年月とともに劣化し錆びていきます。もちろんボルトの部分が錆び雨漏りが発生することも大いにあります。
錆は雨漏りの原因となるため折半屋根のボルト部分のはボルトキャップを推奨しています。ボルトキャップはボルトの錆を防止する雨漏り対策に使われています。
今回現場調査をしてボルトの錆もそうなのですがそもそも折半屋根の勾配が無く劣化が進み重なり部の浮き、ボルトの錆から雨水が侵入し雨漏りが発生したと思います。
解決方法は屋根の吹き替え、カバー工法をしないと雨漏りは改善されないと診断しました。


この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

棟板金錆止め

岩国市で行っているスレート屋根(カラーベスト・コロニアル)の屋根塗装の様子をお伝えします。バイオ高圧洗浄とタスペーサー挿入(縁切り)の様子(前回のブログ)はこちらをご覧ください。本日の現場ブログでは、棟板金の錆止めとスレート屋根塗装の中塗り...........

屋根洗浄

岩国市で化粧スレート塗装工事の為、バイオ高圧洗浄と下塗り後タスペーサー挿入を行いましたので、お伝えします。屋根には埃やカビ・苔・藻など様々な汚れが付着しています。屋根塗装工事の際に、この汚れが付着したままだと、工事品質に悪影響を与えてしまい...........

ガルバリウム屋根の施工

防府市で行っている屋根カバー工事の様子をお伝えします。前回の現場ブログでは、雨漏りを防ぐためのルーフィング(防水紙)の敷設についてお伝えしました。ルーフィングの敷設(前回の現場ブログ)はこちらをご覧ください本日は、新しい屋根材の施工について...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら周南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-838-878