オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

下松市で雨が浸水して劣化しているベランダの現地調査へ伺いました


劣化したサイディング
下松市のお客様より、ベランダの外壁が劣化してて雨が浸水してるみたいなので、一度見ていただきたいと連絡がありましたので、現地調査へ伺いました。
ベランダに上がる前に外から見てすぐにサイディングの爆裂を確認しました。
更にベランダの下のケイカル板の剥がれもありました。
笠木の繋ぎ目のコーキングの劣化や剥がれから雨が侵入しているみたいでした。
ベランダは外壁と屋根と同じように雨水や紫外線が当たりますので、笠木の劣化や繋ぎ目部分などから雨漏りして、内部が腐食してしまうことがあります。
笠木は「躯体を腐食から守る」役割があります。
ベランダ瓦棒
ベランダに上がって見てみますと、ベランダが防水層床ではなく、トタンの瓦棒葺き屋根でその上に木造の簀の子が敷いてありました。
瓦棒は白サビや赤サビも発生してまして、簀の子は腐食が酷い状態でした。
更に瓦棒葺き全体が歪んでいて大変危険な状態でした。
トタン屋根は亜鉛めっき鋼板葺きといい、亜鉛を含んでいますのでサビが出ると一気に広がる特性があります。
白サビなどを放置してますと、トタン屋根自体に穴が空く恐れもあります。

ベランダコケ
ベランダ内のサイディングにもコケも発生してました。
カビやコケが発生してましたので、塗膜の防水機能も切れてベランダの外壁内部にも雨水が浸水しているようでした。
また、笠木や手すりも鉄部で赤サビが発生してまして、このままですと膨れや穴が空く危険性もあり、手すりもグラついていますので体重を掛けた時や強風なので折れたり外れたりして事故や怪我に繋がる恐れがあります。



ベランダ
今回はベランダ全体の劣化も酷く、お客様の希望もあり既存のベランダを撤去して、新たにベランダを改築することになりました。
更にベランダの床はFRP防水工法で仕上げることになりました。
FRP防水では、防水用ポリエステル樹脂系の防水用樹脂塗料だけでなく、ガラス繊維強化プラスチック(ガラスシート)も敷かれますので、紫外線や雨水に強く高い対候性と強度を備えた防水層を作ることができます。
ベランダは外壁や屋根に比べると劣化を見落としがちですが、常に雨や紫外線に晒されています。
更に意外と雨漏りの原因になりやすい場所でもありますので、定期的に点検を心掛けましょう。
FRP防水工法の詳しい説明はこちらもご覧ください。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

天井のシミ

本日のブログでは、周南市で行った天井のリフォームについてお伝えします。「ここまでやります無料点検」はこちらをご覧ください「お客様に最高のリフォームを届けるための街の屋根やさんの10のお約束」はこちらをご覧ください

色褪せやカビが発生した外壁

周南市にお住いのお客様より、無料の建物診断や見積もりのご依頼がありました。「築12年くらい経っていて時期的に外装リフォームを考えているので、建物診断や見積もりをお願いしたい」とのことでした。「ここまでやります無料点検」はこちらをご覧ください...........

防水紙と桟木

本日の現場ブログでは周南市で行っている屋根葺き替え工事での新しい屋根材を葺いている様子をお伝えします。前回の工事の様子「周南市の屋根葺き替え工事で屋根材やボロボロになった防水紙を撤去・処分」はこちらをご覧ください

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら周南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-838-878