オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

柳井市でブリード現象が起きているシーリングと屋上防水の点検


柳井市で屋上防水のトップコートの塗り替えと外壁塗装を任せていただくことになりました。
本日のブログでは、施工前の状況をお伝えしていきます。
築20年の建物の外観
2階建ての住宅で、外壁は色褪せていました。
外壁塗装を考え始めるきっかけは人によって様々ですが、見た目が悪くなったという理由の方は多いのではないでしょうか。
お住まいの美観は重要ですが、それ以上に重要なのが、建物の防水性です。
外壁材自体には防水性はほとんどなく、塗料で保護されています。
この塗料の膜「塗膜」は、紫外線や雨水などの影響で徐々に劣化していき、防水性が低下して建物の内部に雨水が浸入するようになり、建物の寿命を短くしてしまいます。
チョーキング現象が起きた外壁を触って白くなった手
外壁の塗膜が劣化し始めると、塗り替えのサインを出し始めます。
そのひとつが「チョーキング現象」です。
チョーキング現象は、塗膜の一部が粉化していき、外壁を触ったときに白い粉のようなものが付着する現象です。
お客様のお宅の外壁でも、チョーキング現象が起きており、手が白くなりました。
外壁を手で触るだけで確認できますので、皆さんもご自宅の外壁を触ってみてください。
薄っすらと付く程度であれば急いで塗装する必要はありませんが、べったりと付くようなら早めに塗装しましょう。
ブリード現象が起きたシーリング
外壁の継ぎ目には、温度差による伸縮や地震の揺れを吸収するために、ゴムのような物質「シーリング材」が充填されています。
サッシ廻りにも充填され、隙間から雨水が入るのを防ぐ重要な役割もあります。
外壁において重要な部分ですが、劣化しやすい部位でもあるので、定期的なメンテナンスが必要です。
ブリード現象が起きたシーリング
シーリングの部分だけ、黒くなっていました。
これはブリード現象と呼ばれ、シーリングの表面に可塑剤(柔らかくする薬剤)が染み出て起こります。
可塑剤が染み出ると、ベタベタしてしまい、ホコリなどの汚れが付着して表面が黒ずんでしまいます。
このままにしていると硬くなり、ひびや亀裂が入ってしまうので、シーリングを打ち替える必要があります。
屋上のシート防水の色褪せ
屋上の床面が色褪せていました。
色褪せは、防水層を覆っているトップコートが劣化してきた証拠です。
保護機能が失われると、防水層が紫外線や風雨に晒されて劣化が早くなります。
屋上のシート防水の色褪せ
トップコートの塗り替えることで防水層の寿命を延ばすことができます。
外壁と同じように、屋上の防水も年月の経過とともに傷んでしまうので、定期的なメンテナンスが必要です。

高圧洗浄
次回現場ブログでは、屋根・外壁工事に必要な足場仮設と高圧洗浄で汚れを落とす様子をお伝えします。

同じ地域の施工事例

施工事例

柳井市で屋上(陸屋根)の防水層のトップコート塗り替えと外壁塗装工事

色褪せたシート防水の屋上
トップコートを塗り替え後のシート防水
工事内容
防水工事
外壁塗装
足場
使用素材
築年数
築20年
建坪
24坪
保証
5年
工事費用
140~150万円
施工事例

柳井市 スキン仕上げ外壁塗装工事と漆喰補修工事

柳井市
柳井市完成図
工事内容
漆喰詰め増し
外壁塗装
足場
使用素材
外壁塗装/フッ素4F塗料、漆喰補修/シルガード
築年数
築20年
建坪
38坪
保証
10年
工事費用
150~170万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

棟瓦の取り直し

本日の現場ブログでは、周南市で行った屋根修理の様子を紹介します。今回は、瓦屋根の棟瓦が落下して雨漏りが発生していたため、棟瓦の取り直し工事による屋根修理を行いました。屋根工事をするまでに雨漏りの被害が拡大しないようブルーシートをかけて、雨養...........

のし瓦が落下した瓦屋根

本日の現場ブログでは、周南市で行った点検と雨養生の様子をお伝えします。今回は、瓦屋根の棟から瓦が落下し、雨漏りが発生していたため、ブルーシートをかけて雨養生で応急処置をしました。「屋根の一番上の瓦が落下して雨漏りして困っている」とお問い合わ...........

足場の設置

本日の現場ブログでは、防府市にて雨漏りが発生していた屋根の葺き替え工事の様子を紹介します。防府市にお住いのお客様より「雨漏りをなおしてほしい」とご相談があり、徹底した雨漏り調査をしたうえで、雨漏り修理のために屋根葺き替えを提案させていただき...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら周南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-838-878