オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

周南市でエフロレッセンス(白華現象)が起きたセメント瓦の点検を行いました


白華現象が生じたセメント瓦
周南市でセメント瓦の点検を行いましたので、その様子を紹介します。
瓦は、粘土瓦と粘土瓦以外(セメント瓦、コンクリート瓦)の2種類に分けられます。
粘土瓦は、粘土を成型して焼き上げたもので、塗装の必要がなく交換することでメンテナンスを行います。
それに対して、セメント瓦やコンクリート瓦は、セメントやコンクリートを成型して表面を塗装した瓦です。
粘土瓦よりもスレート(カラーベスト)に近い性質を持っていますので、塗装によるメンテナンスが必要です。
セメント瓦
セメントには防水性がなく、塗膜が雨水から瓦を守っています。
そのため、劣化して塗膜が薄くなってくると雨水が瓦自体に吸い込むことになり、瓦の劣化が加速します。
セメント瓦自体の強度が低下して脆くなり、瓦の割れにつながります。
セメント瓦の耐用年数を延ばすためには、定期的な塗装が重要です。
セメント瓦
セメント瓦が白くなるエフロレッセンス(白華現象)という現象が発生していました。
エフロレッセンスは、セメント瓦の内部に浸透した水分が蒸発する際に、石灰分などの可溶成分が表面に染み出して固まることで起きます。
瓦の表面にざらつきが起きていました。
ざらつきは、塗膜が薄くなり雨水が浸透し、セメント瓦の成分であるカルシウムが流出して生じます。
瓦の成分が流出しているので、瓦の強度が低下していくことになります。
セメント瓦のコケ
茶色のコケも発生していました。
コケが発生しているということは、塗膜が劣化してセメント瓦の水切れが悪くなっていたり、雨水を吸い込んでいるということです。
コケ・カビの生えた屋根は滑りやすくなっており、ご自分で除去するのは危険ですので、コケでお困りの方は街の屋根やさんにご相談ください。

コケ・カビが屋根に与える影響はこちらをご覧ください

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

天井のシミ

本日のブログでは、周南市で行った天井のリフォームについてお伝えします。「ここまでやります無料点検」はこちらをご覧ください「お客様に最高のリフォームを届けるための街の屋根やさんの10のお約束」はこちらをご覧ください

色褪せやカビが発生した外壁

周南市にお住いのお客様より、無料の建物診断や見積もりのご依頼がありました。「築12年くらい経っていて時期的に外装リフォームを考えているので、建物診断や見積もりをお願いしたい」とのことでした。「ここまでやります無料点検」はこちらをご覧ください...........

防水紙と桟木

本日の現場ブログでは周南市で行っている屋根葺き替え工事での新しい屋根材を葺いている様子をお伝えします。前回の工事の様子「周南市の屋根葺き替え工事で屋根材やボロボロになった防水紙を撤去・処分」はこちらをご覧ください

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら周南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-838-878