オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

周南市でガルバリウム屋根の白サビとモルタル外壁の点検を行いました


ガルバリウム屋根
周南市でガルバリウム屋根とモルタル外壁の点検に伺いましたので、紹介していきます。
ガルバリウムとは、錆びにくくするためにアルミニウム(Al)55%+亜鉛(Zn)43.4%+ケイ素(Si)1.6%で鋼板をメッキ加工したものです。
ガルバリウムは非常に錆びにくいですが、錆びないというわけではありません。

ガルバリウム屋根
色褪せして表面の塗膜が弱ってきた状態です。
金属屋根材も表面は塗装されており、放っておくとその下の金属に悪影響を与えます。
ガルバリウムが錆びにくいのは、鋼板が錆びる代わりにメッキ成分が犠牲となって溶け出すことで錆を防いでいるからです。
メッキ成分が尽きると屋根が一気に錆びてしまいます。
メッキ成分を保護するための塗装などのメンテナンスを行うことで寿命を延ばすことができます。
価格と性能(塗装の寿命)のバランスが取れたシリコン塗料がお勧めです。
ガルバリウム屋根の白サビ
白サビが発生していました。
白サビは、潮風の吹く海の近くや高温多湿な状況で発生しやすいサビです。
ガルバリウムに含まれる亜鉛に酸性雨や潮風に含まれる塩分などが付着するとそこから腐食が始まり、白サビが発生します。
白サビは赤サビのように素材に穴をあけるほどの腐食は起こしません。
モルタル外壁のチョーキング
モルタル外壁はチョーキングが発生していました。
「チョーキング」とは、外壁を手で触ると白い粉状のものが付着する現象のことです。
塗膜表面の樹脂が劣化、分解されていまい、塗膜による防水効果が失われているサインです。
防水効果の失われた壁からは建物内部に雨水が浸透していきます。
モルタル外壁の塗膜の剥がれ
塗膜が剥がれて下地が見えています。
経年劣化や紫外線、雨水などの影響で付着力が低下し、塗膜が剥がれた状態です。
ここまで劣化が進行すると、外壁を保護する機能がない状態です。
早急にメンテナンスをする必要があります。
下地処理で死膜(密着力のなくなった古い塗膜のこと)をしっかりと落としてから塗装する必要があります。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

天井のシミ

本日のブログでは、周南市で行った天井のリフォームについてお伝えします。「ここまでやります無料点検」はこちらをご覧ください「お客様に最高のリフォームを届けるための街の屋根やさんの10のお約束」はこちらをご覧ください

色褪せやカビが発生した外壁

周南市にお住いのお客様より、無料の建物診断や見積もりのご依頼がありました。「築12年くらい経っていて時期的に外装リフォームを考えているので、建物診断や見積もりをお願いしたい」とのことでした。「ここまでやります無料点検」はこちらをご覧ください...........

防水紙と桟木

本日の現場ブログでは周南市で行っている屋根葺き替え工事での新しい屋根材を葺いている様子をお伝えします。前回の工事の様子「周南市の屋根葺き替え工事で屋根材やボロボロになった防水紙を撤去・処分」はこちらをご覧ください

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら周南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-838-878