オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

光市でフリーリッジ施工の「カラーベスト」屋根を点検しました


カラーベスト屋根
光市にお住まいのお客様より「家を建ててちょうど10年経ったので、屋根の状態を確認したい」とご相談がありましたので、点検に伺いました。
屋根材は、カラーベストでした。
「カラーベスト」は商品名でスレート屋根のことです。
セメントと繊維材料を混ぜた厚さ5mm程度の平板状の屋根材です。

カラーベストのひび割れ
カラーベストにひびが発生していました。
カラーベスト自体には防水性はほとんどなく、表面の塗膜で雨から保護しています。
塗膜が劣化してカラーベストに雨水が浸透することでひびや割れが発生します。
軽度のひびなので、コーキングを充填して補修すれば大丈夫です。
どんなに小さいひびであっても、そこから雨水が侵入する可能性があるので、補修が必要です。
フリーリッジの棟
屋根の棟の写真です。
屋根の棟は「フリーリッジ」で施工されていました。
「フリーリッジ」とは、屋根の「棟」や「ケラバ」といった通常は板金で仕上げる部位を、屋根材と同じ質感で仕上げることを言います。
通常の板金で仕上げる場合と比べると、同質なので一体感が増します。

フリーリッジ棟の釘廻りのひび割れ
フリーリッジの棟のビス廻りにひびが入っていました。
施工の際にビスを締め込みすぎたことが原因の可能性があります。
フリーリッジ棟の下には専用のシートがあり防水処理されているため、ひびが発生してもすぐに雨漏りすることはありませんが、シートの劣化や棟の劣化にもつながるので補修をおすすめします。
カラーベスト
全体的に見れば屋根の状態はそれほど悪い状態ではなく、すぐに塗装した方がいいというわけではありませんでした。
ですが、カラーベストやフリーリッジ棟のひびなど部分的な補修は必要な状態でした。
街の屋根やさん周南店では、屋根全体の塗装やリフォームだけでなく、屋根材1枚の割れなどの軽微な補修でもしっかりと対応させていただきます。
軽微な不具合から大きなトラブルにつながることもありますので、ちょっとしたことでも遠慮なくご相談ください。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

天井のシミ

本日のブログでは、周南市で行った天井のリフォームについてお伝えします。「ここまでやります無料点検」はこちらをご覧ください「お客様に最高のリフォームを届けるための街の屋根やさんの10のお約束」はこちらをご覧ください

色褪せやカビが発生した外壁

周南市にお住いのお客様より、無料の建物診断や見積もりのご依頼がありました。「築12年くらい経っていて時期的に外装リフォームを考えているので、建物診断や見積もりをお願いしたい」とのことでした。「ここまでやります無料点検」はこちらをご覧ください...........

防水紙と桟木

本日の現場ブログでは周南市で行っている屋根葺き替え工事での新しい屋根材を葺いている様子をお伝えします。前回の工事の様子「周南市の屋根葺き替え工事で屋根材やボロボロになった防水紙を撤去・処分」はこちらをご覧ください

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら周南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-838-878