オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

周南市でスレート屋根(カラーベスト)の現地調査へ伺いました


コロニアル
周南市でスレート屋根(カラーベスト)の現地調査へ伺いましたので、お伝えします。
色褪せてカビやコケが発生していますので、塗膜による防水機能の低下です。
スレート屋根(カラーベスト)のスレートとは日本語で粘板岩といい、泥岩などが堆積して出来た地層などを形成する岩のことです。
正式名は住宅屋根用化粧スレートという名称です。
大まかに、カラーベスト=コロニアル=化粧スレート=スレート瓦は呼び方の違いで全て同じものです。
化粧スレートは厚さ5mm程度の薄い平たい塗装セメントの板です。
主原料としてはセメント、けい酸質原料、石綿以外の繊維質原料、混和材料などを用いて加圧成形し、主として住宅用の屋根に用いる、野地板の上へ葺く化粧板となっています。
石綿以外とわざわざ規定されているのは、平成16年に国から石綿の使用禁止が通達されたためです。
石綿を混入してスレート(石綿スレートと呼ばれていた)を製造していたため、違いを明確にするためです。
石綿はアスベストとも呼ばれ現在は使用規制もありますし、健康被害や廃材として捨てる際にも別料金が掛かったり注意が必要です。

棟板金
谷板金の周りにもコケが発生しています。
コケやカビの発生の原因は塗膜の劣化により屋根素材自体に水を含んでいる時間が長い状態が続き防水機能が低下してきているサインである場合が多いです。
早急にカラーベストの表面を高圧洗浄やケレンで汚れを落としてから、塗装をするように提案させて頂きました。
カラーベストの素材自体は水を吸収してしまいます。塗膜によって防水されていることを覚えておきましょう!

棟板金
谷板金にも歪みやサビが浮いてました。
このままでは谷板金の隙間から雨水などが浸水してルーフィングや下地材なども劣化して、雨漏りの原因になりますので早急なメンテナンスが必要です。
また最近ではあまり見かけませんが少し前までは谷板金に銅板が使用されていることがあり、銅板は酸性雨による影響で穴が開く現象が起こりやすく雨漏りの原因になる事が非常に多いので注意が必要です。

棟板金釘
板金部分の釘にもサビが浮いてましたので、交換が必要です。
カラーベストのひび割れもありましたので、コーキング材を使用して補修が必要です。

カラーベストやコロニアルの化粧用スレート屋根はセメントに着色していますので、色々な色があって人気ですが、着色してますので数年しますと紫外線などの影響で色褪せしてきます。
そのため定期的なメンテナンスを心掛けしましょう。
またメンテナンス方法は塗装以外にも上から被せるカバー工法もあります。
屋根のカバー工法の詳しい案内はこちらをご覧ください。


この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

天井のシミ

本日のブログでは、周南市で行った天井のリフォームについてお伝えします。「ここまでやります無料点検」はこちらをご覧ください「お客様に最高のリフォームを届けるための街の屋根やさんの10のお約束」はこちらをご覧ください

色褪せやカビが発生した外壁

周南市にお住いのお客様より、無料の建物診断や見積もりのご依頼がありました。「築12年くらい経っていて時期的に外装リフォームを考えているので、建物診断や見積もりをお願いしたい」とのことでした。「ここまでやります無料点検」はこちらをご覧ください...........

防水紙と桟木

本日の現場ブログでは周南市で行っている屋根葺き替え工事での新しい屋根材を葺いている様子をお伝えします。前回の工事の様子「周南市の屋根葺き替え工事で屋根材やボロボロになった防水紙を撤去・処分」はこちらをご覧ください

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら周南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-838-878