山口市で強風で壊れた雨樋を火災保険で直せるかどうか現地調査を行いました


雨樋の外れ
山口市にお住まいのお客様より「雨樋が壊れたので見てほしい」とお問い合わせがありました。

破損して外れた雨樋は、地面と平行に付けられている「軒樋(のきどい)」と地面と垂直に付けられている「竪樋(たてどい)」、集水器がつながっている部分でした。
雨樋は、支持金具だけで固定されているため、金具が劣化すると強風で外れやすくなります。
外れた雨樋
強風で壊れた雨樋の写真です。
塩化ビニール製の丈夫な雨樋ですが、強風で負荷がかかり、上合(集水器)が割れていました。

雨樋がなければ、雨水が屋根の軒先からそのまま外壁を伝っていき、外壁の劣化や内部の腐食につながります。
そのため、新しい雨樋に交換する必要があります。

経年劣化による破損は火災保険の適用外ですが、今回の破損は自然災害による破損であり、火災保険の対象になる可能性が高いと思われます。

雨樋の交換工事についてはこちらをご覧ください
雨樋が外れた部分
火災保険は、火災の時だけしか補償されないと思っている方が多いですが実際には違います。
火災保険の中には、自然災害による建物被害の場合、その修繕費用を補助してくれる特約が付いているものがあります。
台風、豪雨、雪など自然災害による被害が対象で、屋根だけでなく、雨樋の破損も保険対象です。

自動車保険などと違い等級がなく、火災保険を使用しても保険料は変わりません。
竪樋の外れ
災害は原則として3年前まで遡ることができます。
そのため、「台風で壊れたけど予算がないからそのままにしてる」といった方は、火災保険での修繕を検討されてはいかがでしょうか?

保険の申請は誰でもできますが、保険金額がきちんと支払われるかどうかは状態を把握した業者に依頼する方が確率は高くなります。
屋根、雨樋の補修、保険の申請はプロである街の屋根やさん周南店にお任せください。

火災保険についてはこちらをご覧ください

お住まいの無料点検についてはこちらをご覧ください

同じ地域の施工事例

施工事例

山口市で棟板金の釘が緩んで貫板が腐食したコロニアル屋根のカバー工事

スレート屋根
屋根カバー工事を施工後のセネター
工事内容
屋根カバー工事
外壁塗装
その他塗装
使用素材
屋根材/セネター 外壁/無機塗料
築年数
築14年
建坪
約30坪
保証
10年
工事費用
230~250万円
施工事例

山口市で20年間リフォームをしていないスレート屋根の屋根カバー工事

経年劣化したスレート屋根
セネターを施工した屋根
工事内容
屋根カバー工事
足場
使用素材
屋根材/セネター 防水紙/ルーフラミテクト
築年数
築20年
建坪
28坪
保証
10年
工事費用
120~130万円
施工事例

山口市でオークリッジスーパーへの屋根カバー工法と外壁塗装工事

カラーベスト
オークリッジスーパーで施工後の屋根
工事内容
屋根カバー工事
外壁塗装
足場
使用素材
屋根/オークリッジスーパー 外壁/無機塗料 シーリング材/オートンイクシード
築年数
築19年
建坪
25坪
保証
10年
工事費用
230~250万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

棟板金錆止め

岩国市で行っているスレート屋根(カラーベスト・コロニアル)の屋根塗装の様子をお伝えします。バイオ高圧洗浄とタスペーサー挿入(縁切り)の様子(前回のブログ)はこちらをご覧ください。本日の現場ブログでは、棟板金の錆止めとスレート屋根塗装の中塗り...........

屋根洗浄

岩国市で化粧スレート塗装工事の為、バイオ高圧洗浄と下塗り後タスペーサー挿入を行いましたので、お伝えします。屋根には埃やカビ・苔・藻など様々な汚れが付着しています。屋根塗装工事の際に、この汚れが付着したままだと、工事品質に悪影響を与えてしまい...........

ガルバリウム屋根の施工

防府市で行っている屋根カバー工事の様子をお伝えします。前回の現場ブログでは、雨漏りを防ぐためのルーフィング(防水紙)の敷設についてお伝えしました。ルーフィングの敷設(前回の現場ブログ)はこちらをご覧ください本日は、新しい屋根材の施工について...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら周南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-838-878