オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

防府市で錆が発生して塗り替えが必要な瓦棒葺きのトタン屋根の現地調査を行いました


瓦棒葺きのトタン屋根
瓦棒葺きのトタン屋根の現地調査を行いましたので、その様子をお伝えします。
「瓦棒葺き」とは、トタンなどの金属板を用いて屋根を葺くときの工法のひとつです。
瓦と付いていますが瓦屋根とは関係ありません。
断熱性は低いですが、継ぎ目がないため雨仕舞に優れており防水性が高いのが特徴です。
施工方法がシンプルで工事がしやすいため、戦後は多くの住宅で用いられました。
瓦棒葺きのトタン屋根
トタンは、錆びや腐食から守るために亜鉛でメッキされた鋼板です。
鋼板が錆びるよりも早く、めっき成分が溶け出し、錆びることで鋼板の錆を抑制します。
現在の金属屋根には主にガルバリウム鋼板が使用されており、トタンが使われることは少なくなりました。

全体的に色褪せていましたが、屋根材の浮きや剥がれはありませんでした。
瓦棒葺きのトタン屋根の白サビ
白サビが発生していました。
白サビが発生したとしても、脆くなって穴が開いたりということはありません。
白サビは、トタンのメッキ成分である亜鉛が酸化することで生じます
トタンは、表面の塗膜、メッキ成分、鋼板の3層構造になっています。
溶けたメッキ成分が回復することはありませんので、塗膜で保護しています。
白サビが発生しているということは、表面の塗膜が剥がれてメッキ成分がむき出しになっているということです。
瓦棒葺きのトタン屋根の赤サビ
赤サビが発生しています。
赤サビを放置すると、腐食が進み、ひどい場合には穴が開きます。
穴からは雨水が浸入していくので、雨漏りを起こします。

金属は塗料によって錆を防いでいると言っても過言ではなく、塗装の劣化は確実に錆による腐食を招きます。
錆が残ったまま塗装すると、塗料の密着が悪く、塗膜が剥がれる原因になります。
そのため、しっかりとサビを落してから塗装する必要があります。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

屋根材セネターの施工

周南市で行っているスレート屋根のリフォーム工事の様子を紹介します。本日は、先日敷設したルーフィング(防水紙)の上に屋根材を施工しました。ルーフィングを敷設する様子はこちらをご覧くださいスレート屋根のチェックポイントとメンテナンス方法はこちら...........

防水シート(ルーフィング)

周南市で行っているスレート屋根のリフォーム工事の様子を紹介します。本日は、雨水の浸入を防ぐ防水シート(ルーフィング)の敷設を行いました。スレート屋根のチェックポイントとメンテナンス方法はこちらをご覧ください

軒先が短い住宅のケラバ

周南市にお住いの方からお問い合わせ頂き、屋根カバー工法をさせていただくことになりました。お客様のお家はケラバ部分の軒先が極端に短い建物だったため、ただ単に屋根カバー工法を行うのではなく、軒を長くする工事も提案させていただきました。本日のブロ...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら周南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-838-878