山口市で屋上、ベランダ床の傷みと黒ずみの正体を調査しました


シート防水の屋上
山口市でお住まいのお客様から「屋上の防水の傷みと黒ずみが気になるので見てほしい」とご依頼がありました。
お客様のお宅の屋根は、陸屋根と呼ばれる傾斜がほとんどない屋根です。
陸屋根は、他の屋根と比べて水はけが悪いので雨漏りの危険性が高い屋根になります。
防水効果が切れた途端に雨漏りが発生する可能性もあり、劣化の初期段階でメンテナンスすることでお家を長持ちさせることができます。
ベランダの防水
陸屋根を雨から守っているのが防水工事です。
防水工事にはいくつか種類があり、お客様のお宅の防水は、シート防水と呼ばれる防水でした。
シート防水は、ゴムや塩化ビニールなどの防水性のあるシートを重ねていく防水です。
シート防水の耐久性は10~15年で、陸屋根で多く使用されています。
シートの伸縮性や重ね部分の密着性が低下するとシートが剥がれてしまい、雨漏りの原因になります。

防水工事の詳細はこちらをご覧ください
シート防水のトップコートの剥がれ
屋上の防水は、表面がざらついて黒ずんでいました。
屋上やベランダの黒ずみや汚れは、砂やホコリ、排気ガス、カビの発生などが原因ですが、それとは別に防水層のトップコートが剥がれてシートがむき出しになることで起きます。
シートが露出すると紫外線や雨水の影響で劣化が進行して、防水層のひび割れや剥がれなどの劣化につながります。
黒ずみがあったとして、防水層自体の損傷ではないので雨水が浸入することはありませんが、今後のメンテナンス費用を抑えるためにも、今のうちにお手入れすることをおすすめします。
屋上の笠木と排水口
雨漏りしやすいパラペットや排水溝の劣化も確認しましたが、比較的良い状態でした。

シート防水自体はそれほど傷んでいないのでトップコートの塗り替えによるメンテナンスを提案しました。
シート防水に限らず屋上やベランダの防水には、防水層を紫外線などから守るためにトップコートが塗布されています。
このトップコートを塗り替えることで、防水層の寿命を延ばすことができます。

シート防水のメンテナンスはこちらをご覧ください

同じ地域の施工事例

施工事例

山口市で棟板金の釘が緩んで貫板が腐食したコロニアル屋根のカバー工事

スレート屋根
屋根カバー工事を施工後のセネター
工事内容
屋根カバー工事
外壁塗装
その他塗装
使用素材
屋根材/セネター 外壁/無機塗料
築年数
築14年
建坪
約30坪
保証
10年
工事費用
230~250万円
施工事例

山口市で20年間リフォームをしていないスレート屋根の屋根カバー工事

経年劣化したスレート屋根
セネターを施工した屋根
工事内容
屋根カバー工事
足場
使用素材
屋根材/セネター 防水紙/ルーフラミテクト
築年数
築20年
建坪
28坪
保証
10年
工事費用
120~130万円
施工事例

山口市でオークリッジスーパーへの屋根カバー工法と外壁塗装工事

カラーベスト
オークリッジスーパーで施工後の屋根
工事内容
屋根カバー工事
外壁塗装
足場
使用素材
屋根/オークリッジスーパー 外壁/無機塗料 シーリング材/オートンイクシード
築年数
築19年
建坪
25坪
保証
10年
工事費用
230~250万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

棟板金錆止め

岩国市で行っているスレート屋根(カラーベスト・コロニアル)の屋根塗装の様子をお伝えします。バイオ高圧洗浄とタスペーサー挿入(縁切り)の様子(前回のブログ)はこちらをご覧ください。本日の現場ブログでは、棟板金の錆止めとスレート屋根塗装の中塗り...........

屋根洗浄

岩国市で化粧スレート塗装工事の為、バイオ高圧洗浄と下塗り後タスペーサー挿入を行いましたので、お伝えします。屋根には埃やカビ・苔・藻など様々な汚れが付着しています。屋根塗装工事の際に、この汚れが付着したままだと、工事品質に悪影響を与えてしまい...........

ガルバリウム屋根の施工

防府市で行っている屋根カバー工事の様子をお伝えします。前回の現場ブログでは、雨漏りを防ぐためのルーフィング(防水紙)の敷設についてお伝えしました。ルーフィングの敷設(前回の現場ブログ)はこちらをご覧ください本日は、新しい屋根材の施工について...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら周南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-838-878