防府市でコロニアル屋根の棟板金の釘が錆びて抜けていました


防府市のお客様から「屋根が傷んでいるので点検してほしい」というご依頼をいただきましたので、調査に伺いました。
築年数は11年で大手の住宅メーカーで建てたようで、屋根の状態によってはメンテナンスも考えているとのことでした。
コロニアル屋根
屋根材は、コロニアルでした。
コロニアルは、ケイミュー株式会社が製造しているスレート屋根材の商品名で、カラーベストなどとも呼ばれます。
新築住宅で最も使用されている屋根材なので、みなさんのお家でも使用されているのではないでしょうか。
コロニアルは、セメント基材とパルプ繊維でつくられており、表面を塗膜で保護しています。

コロニアル屋根の色褪せ
コロニアル屋根は色褪せていました。
紫外線や風雨の影響で、表面の塗膜が劣化して色褪せます。
塗膜が劣化しているので、防水性が低下して、屋根材に雨水が浸透してしまいます。
そのまま放置していると、コケや藻が発生したり、屋根材の劣化を進めてしまいます。
早めに塗り替えなどのメンテナンスを行うことで、屋根の寿命を延ばすことができます。
棟板金の釘の浮き
屋根の頂上に被せている棟板金の釘(ビス)が錆びて、浮いていました。
棟板金は、コロニアル屋根の中でも最も不具合の多い箇所です。
釘が浮いてくると雨水の浸入経路になり、棟板金を固定している貫板の腐食や雨漏りの原因になります。
抜け落ちた棟板金の釘
完全に棟板金の釘が抜け落ちているのを発見しました。
棟板金を固定する力が弱くなって板金の浮きや剥がれにつながってしまいます。
強風で棟板金が飛散する危険性もあります。
棟板金の浮き
棟板金が浮いて、下にある木製の貫板が見える状態でした。
貫板は、棟板金の下地となる板のことで、木製のものが多く、雨水で腐食します。
棟板金を固定している貫板が腐食すると、棟板金が飛散するリスクが高くなります。
木製からプラスチック樹脂製の貫板に交換することで腐食しにくくなり、耐久性が上がります。
屋根全体の状況を確認した結果、屋根塗装と棟板金交換工事を提案させていただきました。

屋根塗装についてはこちらをご覧ください

棟板金交換工事についてはこちらをご覧ください

同じ地域の施工事例

施工事例

防府市でダイワハウスの住宅のセメント瓦屋根を金属屋根に葺き替え

セメント瓦の屋根
コロナで葺き替え後の屋根
工事内容
屋根葺き替え
雨樋交換
足場
使用素材
屋根材/コロナ 防水紙/ルーフラミテクト
築年数
築22年
建坪
保証
10年
工事費用
240~250万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

棟板金錆止め

岩国市で行っているスレート屋根(カラーベスト・コロニアル)の屋根塗装の様子をお伝えします。バイオ高圧洗浄とタスペーサー挿入(縁切り)の様子(前回のブログ)はこちらをご覧ください。本日の現場ブログでは、棟板金の錆止めとスレート屋根塗装の中塗り...........

屋根洗浄

岩国市で化粧スレート塗装工事の為、バイオ高圧洗浄と下塗り後タスペーサー挿入を行いましたので、お伝えします。屋根には埃やカビ・苔・藻など様々な汚れが付着しています。屋根塗装工事の際に、この汚れが付着したままだと、工事品質に悪影響を与えてしまい...........

ガルバリウム屋根の施工

防府市で行っている屋根カバー工事の様子をお伝えします。前回の現場ブログでは、雨漏りを防ぐためのルーフィング(防水紙)の敷設についてお伝えしました。ルーフィングの敷設(前回の現場ブログ)はこちらをご覧ください本日は、新しい屋根材の施工について...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら周南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-838-878