オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

光市で波型スレート屋根の倉庫の点検を行いました


波型スレート屋根倉庫

波型スレート屋根は工場や倉庫などに使用されてる屋根材です。
老朽化した波板スレート屋根はもろくなって破損しやすく雨漏りなどを頻繁に起こしてしまいます。
建物は鉄骨ですが下地材がなかったため、屋根を踏み抜いてしまう恐れがあるため今回は上ることはしませんでした。
スレート屋根を傷つけないように慎重に点検作業を行います。

波型スレート屋根
フックボルトで波板を固定してますが、鉄製ボルトは錆びやすくそこから老朽化して雨漏り発生の原因になります。
先ずは、このフックボルトの錆止め対策を早急に行う必要があります。
波板スレート屋根苔
苔が大量に発生してました。
波型スレートの表面が紫外線や雨、風で劣化して剥がれてる原因です。
表面に撥水性がなく、雨が降ると雨水を含んでカビやコケを発生してます。
カビやコケの原因は塗膜の剥がれなどで防水機能が低下していることが原因です。




波型スレート
波型スレート屋根はアスベストを含むものが大半という点です。
破損した屋根材の撤去などでアスベストが飛び散らないように注意が必要です。
解体にはアスベスト材撤去処分費用がかさむ点がありますので、カバールーフ工事や塗装で施工することを
お勧めします。

屋根カバー工法はこちらもご覧ください。

屋根の塗装に関してはこちらもご覧ください。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

防水紙と桟木

本日の現場ブログでは周南市で行っている屋根葺き替え工事での新しい屋根材を葺いている様子をお伝えします。前回の工事の様子「周南市の屋根葺き替え工事で屋根材やボロボロになった防水紙を撤去・処分」はこちらをご覧ください

既存の屋根の撤去

本日の現場ブログでは、周南市で行った屋根リフォームの様子を紹介します。築年数がかなり経っており、雨漏りが起きていたことから屋根葺き替え工事を行っています。屋根葺き替えは、既存の屋根を撤去してから、新しい屋根材や防水紙で屋根を葺き替える工事で...........

瓦桟木を取り付けた屋根下地

本日のブログでは、周南市で行っている屋根葺き直し工事で平瓦と棟瓦の施工の様子をお伝えします。屋根葺き直しは、既存の瓦を一旦取り外して、野地板や防水紙を補修した後に瓦を再利用して屋根を葺き直す工事です。「これまでの瓦を再利用して屋根を葺き替え...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら周南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-838-878