オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

山口市で荷揚げ機を使って屋根材セネターを屋根の上に運びながら施工


山口市で行っている屋根カバー工事、外壁塗装の様子を伝えています。
前回の現場ブログでは、棟板金の撤去とルーフィングを敷設する様子を紹介しました。

本日の現場ブログでは、屋根材の施工を紹介します。
屋根材の荷揚げ機
今回、使用する屋根材は、デクラ屋根システムの「セネター」です。
セネターは、ガルバリウム鋼板の表面に天然のストーンチップを施している塗り替えいらずの屋根材です。
粘土瓦の約1/9の重さで、超軽量であることから建物の負担を軽減することができます。
屋根カバー工法では屋根が2重になるので、その分、屋根が重くなるため、軽い屋根材を使用する必要があります。
屋根材の荷揚げ機
セネターが他の屋根材と比べて軽いといっても、屋根材1枚当たりの重量は約3.5kgあり、今回使用するのは350枚以上です。
350枚以上ある屋根材を全て屋根の上にあげるのは、かなりの重労働です。
そこで使用するのが、荷揚げ機です。
荷揚げ機を使うことで、簡単に屋根材を屋根の上にあげることができます。
荷揚げ機はガルバリウム鋼板などの軽い屋根材だけでなく、重い瓦も上げることができ、屋根やさんには必須です。
屋根材セネター
昨日、敷いたルーフィング(防水紙)の上に新しい屋根材「セネター」を施工します。
屋根材はルーフィングと同じように軒先から棟に向かって施工していきます。
セネター屋根の隅棟
屋根材を留めたビスの部分を上の屋根材で覆い隠すようにして、雨水の浸入を防ぎます。
屋根材を一枚一枚、専用のビスで取り付けていきます。
セネター屋根の谷施工
屋根の谷部分は雨漏りの原因になりやすい箇所なので、谷板金もしっかりと施工していきます。
耐久性の高いガルバリウム鋼板なので、時間が経っても安心できます。

屋根カバー工法の詳細はこちらをご覧ください

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

屋根材セネターの施工

周南市で行っているスレート屋根のリフォーム工事の様子を紹介します。本日は、先日敷設したルーフィング(防水紙)の上に屋根材を施工しました。ルーフィングを敷設する様子はこちらをご覧くださいスレート屋根のチェックポイントとメンテナンス方法はこちら...........

防水シート(ルーフィング)

周南市で行っているスレート屋根のリフォーム工事の様子を紹介します。本日は、雨水の浸入を防ぐ防水シート(ルーフィング)の敷設を行いました。スレート屋根のチェックポイントとメンテナンス方法はこちらをご覧ください

軒先が短い住宅のケラバ

周南市にお住いの方からお問い合わせ頂き、屋根カバー工法をさせていただくことになりました。お客様のお家はケラバ部分の軒先が極端に短い建物だったため、ただ単に屋根カバー工法を行うのではなく、軒を長くする工事も提案させていただきました。本日のブロ...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら周南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-838-878