オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

周南市で市街化調整区域、土砂災害警戒区域のお宅の日本瓦からの雨漏りでの屋根工事をご紹介します


新南陽Y様雨養生
周南市Y様のお宅の屋根工事をご紹介します。
以前屋根か雨漏りがするとのことで現場に行きブルーシートで雨漏り防止の仮設養生をさせていただきました。
隣接する山が影となり日中も日当たりが悪く立地の条件は決してよくありません。
市街化調整区域、建物の一部は土砂災害警戒区域といったお宅です。法面の崩落等の対策も説明させていただいた上で改修工事を行わせていただきました。
これから工事が始まるので順を追いご紹介させていただきます。
新南陽y様鬼瓦
まず鬼瓦です。漆喰が経年劣化により剥がれて水分を吸って苔が生えています。漆喰にもそのままにしておくと写真のように鬼瓦が崩れて落ちていきます。鬼瓦がないと横雨のときには隙間から雨水が侵入し雨漏りの原因になります。
鬼瓦2
反対側の鬼瓦の接着部分は漆喰が剥がれ落ちて泥が見えている状態でした。ここの鬼瓦もそのままにしておくと鬼瓦が崩れる可能性があります。しっかりシルガードやなんばん等の屋根瓦専用補修材で補強していかなければならないです。
新南陽Y様軒天
棟瓦は崩れかけているので棟瓦から雨漏りがして軒天まで雨が回り木材が腐り剥がれ落ちていました。早めに気づいていたら屋根工事だけで済むことがほおっておくと軒天まで影響し余分な費用がかさみます。これから工事が始まりますので随時工事内容をご紹介していきます。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

天井のシミ

本日のブログでは、周南市で行った天井のリフォームについてお伝えします。「ここまでやります無料点検」はこちらをご覧ください「お客様に最高のリフォームを届けるための街の屋根やさんの10のお約束」はこちらをご覧ください

色褪せやカビが発生した外壁

周南市にお住いのお客様より、無料の建物診断や見積もりのご依頼がありました。「築12年くらい経っていて時期的に外装リフォームを考えているので、建物診断や見積もりをお願いしたい」とのことでした。「ここまでやります無料点検」はこちらをご覧ください...........

防水紙と桟木

本日の現場ブログでは周南市で行っている屋根葺き替え工事での新しい屋根材を葺いている様子をお伝えします。前回の工事の様子「周南市の屋根葺き替え工事で屋根材やボロボロになった防水紙を撤去・処分」はこちらをご覧ください

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら周南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-838-878