防府市で屋根にとって重要な野地板の増し張りと防水シートの敷設


防府市で行っている屋根葺き替え工事の紹介です。
屋根材の撤去(前回の工事の様子)はこちらをご覧ください

本日の現場ブログでは、野地板の増し張りと防水シートの敷設の様子をお伝えします。
野地板の増し張り
野地板(のじいた)を張っていきます。
野地板は屋根の下地のことで、野地板の上に防水シートと屋根材が施工されます。
防水シートと屋根材が固定される重要な部位で、コンパネとも呼ばれます。
経年劣化や雨水の浸入で野地板が傷むと、屋根の耐久性が低下して地震や強風に弱くなります。
そのため、屋根葺き替え工事の時には、新しい野地板を張ります。

野地板の詳細はこちらをご覧ください
野地板の増し張り
野地板の施工方法には、古くなった野地板を剥がして張り替える「張り替え」と古くなった野地板の上から重ねて張る「増し張り」の2つの方法あります。
今回の工事では、増し張りを行いましたが、野地板の傷みが激しい場合には張り替える必要があります。
屋根の形状や寸法に合わせて加工して、隙間ができないように釘で留めます。
増し張りをすることで屋根の強度も上がります。
防水シート(ルーフィング)の敷設
野地板の増し張りが終わると、その上から防水シート(ルーフィング)を敷いていきます。
屋根材だけでは雨水の浸入を完全に防ぐことはできないので、屋根材の下には必ず、防水シートが必要です。
使用した防水シートは、セーレン株式会社のルーフラミテクトZです。
過酷な環境でも長期間にわたって防水性を維持してくれます。

防水シート(ルーフィング)の詳細はこちらをご覧ください
防水シート(ルーフィング)の敷設
軒先から棟に向かって、防水シートを重ねながら敷きます。
粘着タイプなので、釘穴から雨水が入ることもなく、釘の打ち忘れもありません。
屋根材の下に防水シートを敷くことで、雨水から完全に守ってくれます。

屋根の葺き替え工事でお客様が最も気にされるのは、新しい屋根材ですが、野地板と防水シートも同じくらい重要な部分なので、どんな材料を使用するのか必ず確認しましょう。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

防府市でダイワハウスの住宅のセメント瓦屋根を金属屋根に葺き替え

セメント瓦の屋根
コロナで葺き替え後の屋根
工事内容
屋根葺き替え
雨樋交換
足場
使用素材
屋根材/コロナ 防水紙/ルーフラミテクト
築年数
築22年
建坪
保証
10年
工事費用
240~250万円
施工事例

周南市でアスファルトシングル屋根の葺き替え工事を行いました

アスファルトシングル屋根
ガルバリウム鋼板の屋根
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
ガルバリウム鋼板
築年数
築40年
建坪
保証
10年
工事費用
220~240万円
施工事例

周南市にて瓦棒屋根にガルバリウム鋼板で葺き替え工事を行いました

劣化した瓦棒屋根
ガルバリウム鋼板の屋根
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
ガルバリウム鋼板
築年数
築30年
建坪
保証
10年
工事費用
約200万円

同じ地域の施工事例

施工事例

防府市でダイワハウスの住宅のセメント瓦屋根を金属屋根に葺き替え

セメント瓦の屋根
コロナで葺き替え後の屋根
工事内容
屋根葺き替え
雨樋交換
足場
使用素材
屋根材/コロナ 防水紙/ルーフラミテクト
築年数
築22年
建坪
保証
10年
工事費用
240~250万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

屋根の軒先の水切り

防府市で行っている屋根葺き替え工事の紹介です。前回の現場ブログでお伝えした「野地板の増し張りと防水紙の敷設」の様子はこちらをご覧ください本日の現場ブログでは、屋根材を施工する様子をお伝えします。

カラーベスト・コロニアル

平生町のお客様より、屋根の状態を見て欲しいと連絡があり現地調査へ伺いました。屋根材はカラーベスト・コロニアルでした。話を伺ってみますと、訪問販売の方から屋根の塗装を勧められたのことで、この状態で塗装によるメンテナンスは可能なのか不安になり屋...........

古くなったセメント瓦屋根

防府市のお客様から、屋根葺き替え工事を任せていただくことになりました。築22年のダイワハウスの住宅です。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら周南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-838-878