オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

防府市でニチハの屋根材「パミール」の層間剥離を点検しました


パミール屋根
防府市でニチハの屋根材「パミール」の点検を行いました。
ニチハは、窯業系サイディングなどの外壁建材のメーカーです。
パミールは、1996~2008年までニチハが製造していたスレート屋根材の商品名です。
屋根材にアスベストの使用が法律で禁止された時期と重なり、アスベストが含まれない製品としてパミールが販売されました。
劣化したパミール
ところが施工後数年で「層間剥離」や「ひび割れ」などの不具合が相次ぎ、中には屋根材が落下する不具合も起きました。
不具合の理由は、スレート屋根材の強度を確保していたアスベストに代わる素材の検証が不十分であったからだと考えられます。
パミールだけでなく、アスベストが禁止されてからすぐに販売されたスレート屋根材には不具合が多くあります。
現在のスレート屋根材は、製品開発が進みノンアスベスト製品でも高い耐久性を持っています。
パミールの層間剥離
実際に屋根に上がってみると、層間剥離(そうかんはくり)が発生していました。
「層間剥離」とは、スレートの層が何層にもめくれ上がり、屋根材自体がボロボロになる現象のことです。
ミルフィーユ化現象とも呼ばれます。
通常のスレート屋根材では、このような状態になることはほとんどありません。
手で軽く触るだけで簡単にめくれます。
パミールのミルフィーユ化現象
パミールは屋根材自体が層状に剥離しているため、塗装をしてもすぐに剥がれてしまいます。
また、高圧洗浄をするだけでも表面が剥がれ、下地が露出してしまいます。
そのためパミールのメンテナンス方法は、「カバー工法」か「葺き替え」に限られます。
築年数14年で、屋根に上がって歩いてみても凹むことはなく、屋根の下地に問題はないようでした。
今回はガルバリウム鋼板などでのカバー工法を提案しました。

この工事の現場ブログ

パミール屋根

2019/04/01/ 防府市でニチハの屋根材「パミール」の層間剥離を点検しました

防府市でニチハの屋根材「パミール」の点検を行いました。ニチハは、窯業系サイディングなどの外壁建材のメーカーです。パミールは、1996~2008年までニチハが製造していたスレート屋根材の商品名です。屋根材にアスベストの使用が法律で禁止された時...........

同じ地域の施工事例

施工事例

防府市でダイワハウスの住宅のセメント瓦屋根を金属屋根に葺き替え

セメント瓦の屋根
コロナで葺き替え後の屋根
工事内容
屋根葺き替え
雨樋交換
足場
使用素材
屋根材/コロナ 防水紙/ルーフラミテクト
築年数
築22年
建坪
保証
10年
工事費用
240~250万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

屋根材セネターの施工

周南市で行っているスレート屋根のリフォーム工事の様子を紹介します。本日は、先日敷設したルーフィング(防水紙)の上に屋根材を施工しました。ルーフィングを敷設する様子はこちらをご覧くださいスレート屋根のチェックポイントとメンテナンス方法はこちら...........

防水シート(ルーフィング)

周南市で行っているスレート屋根のリフォーム工事の様子を紹介します。本日は、雨水の浸入を防ぐ防水シート(ルーフィング)の敷設を行いました。スレート屋根のチェックポイントとメンテナンス方法はこちらをご覧ください

軒先が短い住宅のケラバ

周南市にお住いの方からお問い合わせ頂き、屋根カバー工法をさせていただくことになりました。お客様のお家はケラバ部分の軒先が極端に短い建物だったため、ただ単に屋根カバー工法を行うのではなく、軒を長くする工事も提案させていただきました。本日のブロ...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら周南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-838-878