オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

周南市で陸屋根の雨漏りと外壁の現地調査を行いました


防水層の劣化した屋上
周南市にお住まいのお客様より「雨漏りに困っているので見積もりを出してほしい」とご依頼がありましたので、現地調査に伺いました。
お客様のお家の屋根は、陸屋根という傾斜のない平坦な屋根です。
陸屋根の防水層には、紫外線などで劣化するのを防ぐために防水層の上にトップコートを塗布しています。
表面の色褪せやざらつきは、トップコートが劣化している証拠なので防水層の劣化を防ぐために早めのメンテナンスが必要です。

屋上の防水層の剝がれ
表面のトップコートが剥がれて、防水層にもひび割れが見られます。
防水層のひび割れ箇所から雨水が侵入して、雨漏りしている可能性が高いです。
全体的にトップコートの剝がれと防水層の劣化が見られるので部分的な補修で雨漏りを防ぐことは困難です。
今後の雨漏りの再発を起こさないために全体の防水工事が必要です。

陸屋根の防水工事の詳細はこちらをご覧ください

陸屋根の排水溝(ドレン)
陸屋根は、降った雨が外壁を伝ってそのまま流れ落ちないよう凹型になっています。
微妙な傾斜がつけられており、排水口に雨水が集まるようになっています。
排水口が詰まっていると雨水が溜まったままになり、防水層の劣化が加速する原因になり、雨漏りにもつながります。
排水口の詰まりはないようでしたが、ルーフドレンが錆びて劣化しています。

外壁のクラック(ひび割れ)
外壁は、塗膜の剥がれやクラック(ひび割れ)が発生していました。
外壁材は塗膜によって雨水から保護されているため、塗膜が劣化すると外壁材の劣化が加速します。
外壁全体に塗膜の劣化が見られ、耐久性や防水性が低下している状況です。
塗膜が剥がれやクラックが発生すると雨水が侵入して、外壁材の劣化や家の内部の劣化・腐食につながってしまいます。
発見した場合には、早めにメンテナンスが必要になります。
軒天の剝がれと爆裂
お客様も気にされていました軒部分の爆裂です。
「爆裂」とは、クラックなどから雨水が侵入して躯体内の鉄筋にサビが生じた結果、膨張してコンクリートが押し出された状態のことです。
放置しておくと爆裂の範囲も広がり、コンクリートが欠落する危険もあります。
内部の鉄筋が見える状態で錆びていました。
脆弱部と錆びを徹底的に落としてから補修する必要があります。


この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

屋根材セネターの施工

周南市で行っているスレート屋根のリフォーム工事の様子を紹介します。本日は、先日敷設したルーフィング(防水紙)の上に屋根材を施工しました。ルーフィングを敷設する様子はこちらをご覧くださいスレート屋根のチェックポイントとメンテナンス方法はこちら...........

防水シート(ルーフィング)

周南市で行っているスレート屋根のリフォーム工事の様子を紹介します。本日は、雨水の浸入を防ぐ防水シート(ルーフィング)の敷設を行いました。スレート屋根のチェックポイントとメンテナンス方法はこちらをご覧ください

軒先が短い住宅のケラバ

周南市にお住いの方からお問い合わせ頂き、屋根カバー工法をさせていただくことになりました。お客様のお家はケラバ部分の軒先が極端に短い建物だったため、ただ単に屋根カバー工法を行うのではなく、軒を長くする工事も提案させていただきました。本日のブロ...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら周南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-838-878