オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

下松市でサイディング外壁とスレート屋根の点検を行いました


サイディング外壁の外観
下松市にお住まいのお客様からお問い合わせがあり、点検に伺いました。
外壁材はサイディングボードでした。
サイディングとは、セメント質と繊維質を主な原料にして板状に形成したものです。

外壁には、チョーキング現象が見られました。
チョーキングとは、外壁を手で触った時に白い粉が付く現象で、塗膜が劣化して防水効果が無くなってきている証拠です。
このままにしておくと、外壁材に水分が浸透し、ボードのひび割れなどにつながります。
シーリングのひび
シーリングにひび・破断が見られました。
サイディング外壁はパネルとパネルを張り合わせるため、その間に隙間ができます。
その隙間を埋めているゴム状のものがシーリング(業者によってはコーキングとも呼びます)です。
シーリングは紫外線や熱などの影響で硬くなっていき、破断したり、隙間ができたり、さらに悪くなると欠落してしまいます。
そうなると雨漏りにつながりますので、シーリングの劣化が見られる場合には、必ず補修が必要です。
スレート屋根の色褪せ
屋根材はスレートでした。
スレートとは、セメントに繊維状の素材を混ぜて薄い板状に加工したものです。
「カラーベスト」や「コロニアル」とも呼ばれますが、これはスレート屋根材の商品名です。

スレート屋根には、色褪せが見られました。
スレート自体には防水機能はなく、表面の塗膜が雨水から守っています。
色褪せなどの塗膜の劣化を放置しておくと、屋根材自体が劣化し、浮き・反り・割れなどにつながります。

棟板金の塗膜剥離
板金に塗膜の剥がれが見られました。
まだ錆は生じていませんでしたが、このままにしておくといずれ錆が生じて穴が開き、雨水が内部に侵入することになります。
板金の最大の敵は錆であり、塗装には下塗りに錆止めを使用します。
板金は、経年により釘が抜けてきたり、板金が浮いてくると雨漏りの原因にもなりますので、定期的なメンテナンスが欠かせません。

同じ地域の施工事例

施工事例

周南市で屋根カバー工法と軒先を長くする工事で雨漏りに強い屋根へ

屋根カバー工法を施工前のスレート屋根
屋根カバー工法を行った屋根
工事内容
屋根カバー工事
使用素材
屋根/セネター
築年数
30年
建坪
保証
工事費用
230~240万円
施工事例

周南市にて台風や地震などの自然災害に強い金属屋根で屋根カバー工法

黒く汚れたスレート屋根
セネターを施工後の屋根
工事内容
屋根カバー工事
外壁塗装
使用素材
屋根/セネター  外壁/無機塗料
築年数
築15年
建坪
保証
屋根/材料品質保証30年 美観保証10年  外壁/10年
工事費用
330万円
施工事例

周南市で瓦屋根の銅板の谷板金(谷樋)をガルバリウム鋼板に交換しました

経年劣化で穴の開いた銅板の谷樋
施工後の谷樋
工事内容
その他の工事
使用素材
谷板金/ガルバリウム鋼板
築年数
30年
建坪
保証
5年
工事費用
10~20万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

のし瓦が落下した瓦屋根

本日の現場ブログでは、周南市で行った点検と雨養生の様子をお伝えします。今回は、瓦屋根の棟から瓦が落下し、雨漏りが発生していたため、ブルーシートをかけて雨養生で応急処置をしました。「屋根の一番上の瓦が落下して雨漏りして困っている」とお問い合わ...........

足場の設置

本日の現場ブログでは、防府市にて雨漏りが発生していた屋根の葺き替え工事の様子を紹介します。防府市にお住いのお客様より「雨漏りをなおしてほしい」とご相談があり、徹底した雨漏り調査をしたうえで、雨漏り修理のために屋根葺き替えを提案させていただき...........

棟が崩れた瓦屋根

本日の現場ブログでは、光市で行った屋根の調査の様子をお伝えします。「屋根の一番上の瓦が強風で崩れたので修理の見積もりが欲しい」とのお問い合わせをいただき、調査に伺いました。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら周南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-838-878