オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

周南市でセメント瓦屋根と瓦棒葺き屋根と漆喰の無料診断を行いました


セメント瓦
周南市でセメント瓦屋根の無料診断を行いましたので、お伝えします。

セメント瓦はセメントと川砂を混ぜてモルタルを形成し塗装をして仕上げた瓦です。
セメント瓦は従来の陶器瓦より初期費用も安いために、今から30~40年前に普及した瓦です。
塗装で仕上げているために定期的に塗膜を形成するために塗り替えが必要です。
今回のお宅は数年前に塗り替えてますが色褪せがしていました。
このまま放っておくと塗膜が剥がれてセメント瓦自体の劣化が早まりますので、早急な塗装をお勧めました。
表面の塗膜が剥がれると防水機能の低下により、セメント瓦の吸水が進みセメントの成分であるカルシウムが流出し、表面がザラザラと骨材が現れて少しの衝撃で割れやすくなり雨漏りの原因にも繋がります。



瓦棒
軒先部からは瓦棒葺き屋根が使用されてました。
瓦棒葺き屋根とは板金(亜鉛鉄板、トタン、ガルバリウム鋼板、ステンレス鋼板など)で施工される板金屋根工法のことです。
屋根の勾配が比較的低いところにも使用でき、材料と材料の繋ぎ手部分に大きな高低差をつけて防水機能を得ています。
雨が流れやすい反面、瓦棒の下にある垂木が雨を吸収し腐食が進み下地材(野地板)が支えられなくなる恐れもあります。
また金属屋根ですので遮熱性に弱く、雨音などの防音機能も低いです。
サビが浮いてましたのでこのままですと穴が空き雨漏りの原因になります。
屋根材が錆びてきましたら修理の必要性がありますので、今回はガルバリウム鋼板での葺き替え工事をお勧めました。
他にも屋根の工事にはカバー工法もありますので、詳しくはこちらから。




漆喰
漆喰も黒ずみや少し剥がれ箇所がありました。
漆喰が劣化してきますと黒ずんだり小さくなったり剥がれたりして、その箇所から雨水が侵入して垂木や下地材が腐食していき雨漏りの原因になります。
そのためにシルガード(南蛮漆喰)を使用して補修する必要があります。
詳しい漆喰詰め直し修理の案内はこちらから。

軒天
軒天が剥がれていました。
軒天とは軒先の裏側の天井のことをいいます。
軒天は雨漏り発見器ともいわれ、雨水は低い方へ流れていきますので、軒先部分の雨漏りは軒天へ染みます。
定期的に軒天を見上げて雨染み等ないか確認することも雨漏りの早期発見に繋がります。

町の屋根やさん周南店では、無料診断を行っていますので気軽にお問い合わせください。

無料診断のお問い合わせはこちらから。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

のし瓦が落下した瓦屋根

本日の現場ブログでは、周南市で行った点検と雨養生の様子をお伝えします。今回は、瓦屋根の棟から瓦が落下し、雨漏りが発生していたため、ブルーシートをかけて雨養生で応急処置をしました。「屋根の一番上の瓦が落下して雨漏りして困っている」とお問い合わ...........

足場の設置

本日の現場ブログでは、防府市にて雨漏りが発生していた屋根の葺き替え工事の様子を紹介します。防府市にお住いのお客様より「雨漏りをなおしてほしい」とご相談があり、徹底した雨漏り調査をしたうえで、雨漏り修理のために屋根葺き替えを提案させていただき...........

棟が崩れた瓦屋根

本日の現場ブログでは、光市で行った屋根の調査の様子をお伝えします。「屋根の一番上の瓦が強風で崩れたので修理の見積もりが欲しい」とのお問い合わせをいただき、調査に伺いました。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら周南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-838-878