田布施町で雨漏りの危険性のある劣化したセメント瓦の現地調査へ伺いました


セメント瓦
田布施町のお客様より経年劣化による雨漏りの心配があるので、屋根の葺き替え工事の依頼を頂いたため、現地調査へ伺いましました。
セメント瓦はセメントと川砂を混ぜたモルタルを形成し、塗装をして製造した瓦になります。
塗装をして防水性を保っていますので、経年劣化により塗膜が剥がれてしまうと防水性を保てなくなります。
塗膜が剥がれた状態ですと、セメント瓦への吸水が進みセメントの成分のカルシウムが流出し、瓦自体も割れやすくなります。
セメント瓦
今回はセメント瓦の劣化状態が酷いので瓦を踏まないように点検をいたしました。
劣化が酷い状態のセメント瓦は割れやすいため点検時にも注意が必要です。
更にセメント瓦は現在製造が中止されてますので、簡単に差し替えはできなくなっています。

セメント瓦苔
全体的にカビや苔の発生もみられました。
耐用年数の経過したセメント瓦は屋根材自体が劣化しているため、塗装を行っても「塗装が水ぶくれのように膨れてきた」「塗装後直ぐに塗装が剥がれた」など施工不良の危険があります。
そのため、耐用年数が経過したり、カビや苔を放置してますと塗装できる下地として使用できなくなり、陶器瓦への葺き替え、金属屋根のガルバニウム鋼板への葺き替えが一般的になっています。
屋根葺き替え工事の詳しい案内はこちらをご覧ください。
破風板劣化
破風板・鼻隠しも木材で劣化が酷かったため、板金巻きや交換などご提案させて頂きました。
その際、雨樋の脱却も必要になるので雨樋の交換もお伝えしました。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

棟板金錆止め

岩国市で行っているスレート屋根(カラーベスト・コロニアル)の屋根塗装の様子をお伝えします。バイオ高圧洗浄とタスペーサー挿入(縁切り)の様子(前回のブログ)はこちらをご覧ください。本日の現場ブログでは、棟板金の錆止めとスレート屋根塗装の中塗り...........

屋根洗浄

岩国市で化粧スレート塗装工事の為、バイオ高圧洗浄と下塗り後タスペーサー挿入を行いましたので、お伝えします。屋根には埃やカビ・苔・藻など様々な汚れが付着しています。屋根塗装工事の際に、この汚れが付着したままだと、工事品質に悪影響を与えてしまい...........

ガルバリウム屋根の施工

防府市で行っている屋根カバー工事の様子をお伝えします。前回の現場ブログでは、雨漏りを防ぐためのルーフィング(防水紙)の敷設についてお伝えしました。ルーフィングの敷設(前回の現場ブログ)はこちらをご覧ください本日は、新しい屋根材の施工について...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら周南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-838-878