オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

田布施町で築43年の波型スレート屋根の雨漏りの現地調査へ伺いました


波型スレート
田布施町で、築43年の現在は倉庫代わりに使ってる、波型スレート屋根で雨漏りが発生しているお宅に現地調査へ伺いました。
波型スレートは古くから工場や倉庫などで使用されてた屋根材で、セメントと繊維を混ぜ合わせ波型に成型した材料です。
2003年以前の波型スレートには、アスベストが含有されており、現在のスレートはアスベストの代替品として、ロックウールやグラスウールが使用されています。


波型スレートコケ
汚れやコケやカビが発生していました。
カビやコケが発生しているという事は、屋根材に水分が残ってる状態ですので水捌けも悪く、劣化の進行を早める原因になります。
耐久性や耐火性に優れる波型スレートですが、経年劣化するといろいろな症状が出て、そのまま放置してますと危険なものあるので早急なメンテナンスが必要です。



フック
スレートを固定しているボルトは経年劣化で錆びたり、ボルトが抜け落ちてしまうことがあります。
ボルトが抜け落ちてしまうとスレートが不安定になり、強風時には煽られてめくれる恐れもあります。
このボルトの劣化や抜けなどが、雨漏りの原因に繋がります。


天井雨漏り
今回はカバー工法でのメンテナンス方法をご提案させて頂きました。
葺き替え工事でも可能ですが、屋根材の撤去が必要なため、カバー工法よりも費用が掛かり、また2003年以前のスレートなためアスベストが含有されていますので、通常の撤去費よりも高額になります。

アスベスト含有屋根材の詳細はこちらをご覧ください。
波型スレートの詳しいメンテナンス方法はこちらもご覧ください。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

屋根材セネターの施工

周南市で行っているスレート屋根のリフォーム工事の様子を紹介します。本日は、先日敷設したルーフィング(防水紙)の上に屋根材を施工しました。ルーフィングを敷設する様子はこちらをご覧くださいスレート屋根のチェックポイントとメンテナンス方法はこちら...........

防水シート(ルーフィング)

周南市で行っているスレート屋根のリフォーム工事の様子を紹介します。本日は、雨水の浸入を防ぐ防水シート(ルーフィング)の敷設を行いました。スレート屋根のチェックポイントとメンテナンス方法はこちらをご覧ください

軒先が短い住宅のケラバ

周南市にお住いの方からお問い合わせ頂き、屋根カバー工法をさせていただくことになりました。お客様のお家はケラバ部分の軒先が極端に短い建物だったため、ただ単に屋根カバー工法を行うのではなく、軒を長くする工事も提案させていただきました。本日のブロ...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら周南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-838-878