オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

山口市で欠け・ひび割れ・色褪せが見られるスレート屋根の点検


色褪せ
山口市でスレート屋根の劣化の点検のため、現地調査へ伺いました。
スレート屋根が、全体的に色褪せてます。
スレートの色褪せは塗膜が劣化して耐久性が低下している証拠です。
スレート屋根はセメントが主成分のため、塗装によって防水性を保っているので、塗膜の劣化により防水性がなくなり屋根材の劣化を促進させ、その後、防水シートや下地材の腐食も招く恐れがあります。

スレート欠け
スレート材が欠けてました。
強風による飛来物や、防水性の低下した屋根材が含水と乾燥を繰り返すことで発生します。
これくらいでは雨漏りはしませんが、欠けた部分を接着して補修します。
割れが大きい場合には、割れた屋根材を差し替える必要があります。

板金サビ
棟板金部分が劣化して、白サビが発生してました。
棟板金は表面が塗装されており、塗膜が剥がれるとサビが発生しやすくなります。
サビは金属を脆くし、酷い場合には穴が開いて雨漏りの原因になるので、早めに塗装をするか、板金の交換をしましょう。

棟板金のメンテナンスはこちらをご覧ください。
カバー工法
スレート屋根の寿命は20年~30年といわれ、メンテナンス方法としては塗装工事・カバー工法・屋根の葺き替えとなります。
スレート屋根の塗装の場合は、既存の屋根材の劣化状態で塗装をしても数年で現状の状態になることが多いので、塗装費用の無駄になる恐れがあります。
また、屋根の葺き替え工事ですと廃材などが出て処分費用も掛かるので料金が大きくなります。
そこでお勧めなのが、既存のスレート屋根の上に重ねて施工をするカバー工法です。
防水紙の敷設
軒先の屋根施工
屋根のカバー工法は、既存の屋根の上から新しい屋根をかぶせる工事です。
既存の屋根材を撤去しないので、屋根を解体する人件費や廃材の処分費を節約でき、屋根葺き替えよりも工事費用が安いというメリットがあります。
それ以外にも、屋根が2重になるので、屋根面からの熱が伝わりにくくなり、夏場に室温が上昇するのを抑えることができ、快適に過ごすことができます。
ただし、屋根の重量が重くなり、耐震性が低下するというデメリットもあります。
屋根が重くなると建物の重心が上がり、地震の時の建物の揺れが大きくなるため、建物にかかる負荷が大きくなり、耐震性には悪影響です。
屋根材の中で最も軽量な金属屋根材を使用することで、その影響を最小限に抑えることができます。

屋根のカバー工法の詳細はこちらをご覧ください

山口市で屋根の点検を検討されている方は、街の屋根やさん周南店までお気軽にお問い合わせください。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

屋根材セネターの施工

周南市で行っているスレート屋根のリフォーム工事の様子を紹介します。本日は、先日敷設したルーフィング(防水紙)の上に屋根材を施工しました。ルーフィングを敷設する様子はこちらをご覧くださいスレート屋根のチェックポイントとメンテナンス方法はこちら...........

防水シート(ルーフィング)

周南市で行っているスレート屋根のリフォーム工事の様子を紹介します。本日は、雨水の浸入を防ぐ防水シート(ルーフィング)の敷設を行いました。スレート屋根のチェックポイントとメンテナンス方法はこちらをご覧ください

軒先が短い住宅のケラバ

周南市にお住いの方からお問い合わせ頂き、屋根カバー工法をさせていただくことになりました。お客様のお家はケラバ部分の軒先が極端に短い建物だったため、ただ単に屋根カバー工法を行うのではなく、軒を長くする工事も提案させていただきました。本日のブロ...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら周南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-838-878