オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

防府市で竪樋の破損とシート防水の陸屋根の無料点検を行いました


陸屋根のシート防水
防府市にお住まいのお客様より「建物の劣化が気になり、適正な金額と工事内容を知りたい」とご相談がありました。
お客様の住宅は築30年、シート防水の陸屋根(りくやね)でした。

シート防水の剥がれ
シート防水は、屋上防水としては一般的な防水で、ゴムや塩ビ(塩化ビニール)でできたシートを下地に貼り付ける防水です。
防水性と耐久性に優れており、建物の収縮に追従する特徴があります。
シート防水の破れ
シート防水のシートは多重構造となっていますが、経年劣化や紫外線の影響でかなり劣化して上層が剥がれていました。
シートが劣化して剥がれたり、破れたりすると雨漏りするため、早めのメンテナンスが必要です。
防水シート自体の劣化が激しい場合には、シートそのものを交換することになります。
このような場合は、旧防水シートの撤去作業が加わり、その分工事費がかかります。
シート防水の立ち上がり
お客様に屋上の現状を報告し、必要な工事を説明しました。
工事内容は、ウレタン塗膜防水による改修工事を提案いたしました。
防水工事では、防水層の劣化が進む前にメンテナンスをすることで防水層の寿命を延ばすことができ、結果的にコストを抑えることができます。

陸屋根・ベランダの防水工事の詳細はこちらをご覧ください

ウレタン防水の特徴はこちらをご覧ください
破損した竪樋
竪樋(たてどい)が破損して穴が開いていました。
雨水が漏れてしまうため交換する必要があります。
「竪樋」は、雨水を下水・地面まで落とすための通り道です。
竪樋の小さい割れやひびは、塩ビ用のテープなどで塞いで修理することもできます。
自然災害による雨樋の破損は火災保険を利用できます。

雨樋交換工事の流れはこちらをご覧ください

保険が適用される屋根工事はこちらをご覧ください
外壁のチョーキング
外壁は、チョーキングが起きていました。
「チョーキング」とは、外壁を手で触った時に白い粉が付く現象のことで、表面の塗膜の劣化を示すサインです。
防水性が低下しているため、このまま放置しておくと雨水が浸透する恐れがあり、ひび割れや塗膜剥離の原因になります。
高圧洗浄でチョーキングした古い塗膜を除去してから塗装すること必要があります。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

屋根材セネターの施工

周南市で行っているスレート屋根のリフォーム工事の様子を紹介します。本日は、先日敷設したルーフィング(防水紙)の上に屋根材を施工しました。ルーフィングを敷設する様子はこちらをご覧くださいスレート屋根のチェックポイントとメンテナンス方法はこちら...........

防水シート(ルーフィング)

周南市で行っているスレート屋根のリフォーム工事の様子を紹介します。本日は、雨水の浸入を防ぐ防水シート(ルーフィング)の敷設を行いました。スレート屋根のチェックポイントとメンテナンス方法はこちらをご覧ください

軒先が短い住宅のケラバ

周南市にお住いの方からお問い合わせ頂き、屋根カバー工法をさせていただくことになりました。お客様のお家はケラバ部分の軒先が極端に短い建物だったため、ただ単に屋根カバー工法を行うのではなく、軒を長くする工事も提案させていただきました。本日のブロ...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら周南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-838-878