オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

山口市でウレタン防水の屋上と軒天井の爆裂を無料診断しました


ウレタン防水の屋上
山口市で屋上の防水の無料診断を行いましたので、お伝えします。
屋上の防水は、ウレタン防水でした。
「ウレタン防水」とは、液体状のウレタン樹脂を複数回塗り、塗った材料が固まることでゴム状で弾性のある防水膜を形成する防水工法です。
防水工事の中では安価で、別の素材の防水材の上からでも施工できるため改修工事で多く用いられます。
5、6年ごとにトップコートを塗り替えることで15年程度持ちます。

ウレタン防水の特徴とお手入れ方法はこちらをご覧ください
ウレタン防水の剥がれ
ウレタン防水の防水層に色褪せがみられ、ざらついて、剥がれています。
紫外線や雨水の影響で防水層が劣化している証拠で、防水層に紫外線が直接当たることになるので劣化が加速します。
防水層の剥がれの範囲は広く、このままにしておくと雨水が内部に侵入する恐れが高く、雨漏りの原因になるため、早めの防水工事が必要です。

防水工事の流れはこちらをご覧ください
軒天の爆裂
軒天井に、躯体内部に雨漏りが侵入することでコンクリート内部の鉄筋に錆が発生し膨張することでコンクリートの剥離・剥落が起きる「爆裂」という現象が発生していました。
このままにしておくと鉄筋の錆が広がり、爆裂の箇所が広がります。
爆裂して脆くなった部分を取り除き、鉄筋の錆落とし・錆止めを塗布し、モルタルで埋め戻す工事が必要になります。

外壁のチョーキング
外壁には、チョーキング現象が発生していました。
「チョーキング現象」とは、外壁を手で触った時に白い粉が付く現象のことで、外壁の表面の塗膜が劣化して防水機能が低下しているサインです。
チョーキングを放置してしまうと、外壁に雨水が浸透していき、カビや藻の発生、クラック(ひび割れ)が起きる可能性があります。
塗り替えによるメンテナンスが必要です。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

天井のシミ

本日のブログでは、周南市で行った天井のリフォームについてお伝えします。「ここまでやります無料点検」はこちらをご覧ください「お客様に最高のリフォームを届けるための街の屋根やさんの10のお約束」はこちらをご覧ください

色褪せやカビが発生した外壁

周南市にお住いのお客様より、無料の建物診断や見積もりのご依頼がありました。「築12年くらい経っていて時期的に外装リフォームを考えているので、建物診断や見積もりをお願いしたい」とのことでした。「ここまでやります無料点検」はこちらをご覧ください...........

防水紙と桟木

本日の現場ブログでは周南市で行っている屋根葺き替え工事での新しい屋根材を葺いている様子をお伝えします。前回の工事の様子「周南市の屋根葺き替え工事で屋根材やボロボロになった防水紙を撤去・処分」はこちらをご覧ください

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら周南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-838-878