山口市でルーフイング止水効果抜群の「ルーフラミテクトZ」を施工しました


H様既存カラーベスト
本日は今行っている山口市大内小京都のお客様のお宅で屋根のカバー工法工事の下準備の様子をご紹介していきます。
築20年で一度もリフォームしていない状態で屋根はカラーベストが施工されいました。カラーベストの寿命は30年と言われていますが塗装を希望と仰っていましたが次メンテナンスするときは塗装が効かないと判断してカバー工法を推奨してご提案しました。
素地カラーベスト
カバー工法するためにまず既存のカラーベストを念入りに洗浄しなければいけません。よく目にするのがコケやゴミです。そのままルーフイングを張ってもゴミやコケでルーフイングや屋根材が浮いてきて施工不良につながるので念入りに素地が出るくらいまで洗浄します
H様棟板金 既存
洗浄が終わったらまず棟の板金を撤去していきます。
ここのお客様の棟の板金の状態は写真ではわかりにくいのですが錆や釘の浮きなどが目立っている状態でした。
このままほおっておくと錆びから腐食し穴が開いたり、釘穴から雨水が侵入し雨漏りの原因に繋がるので屋根の定期点検はとても大事ですね。
H様既存棟板金2
棟の板金を撤去するときにはしっかり安全確認しながら撤去していきます。
近隣の方々にも配慮しながら撤去していきます。1本1本釘をとっていくので地上や近隣の家に釘が飛んで釘を踏んだりする可能性もありますので丁寧に釘を外していきます。
H様棟板金撤去下地
棟の板金を撤去すると写真のような状態になります。
下地が見えてるとおもいますが、棟から雨水が侵入すると直接雨漏りにつながる事がわかります。棟の板金ってとても大事ですね。



H様ルーフラミテクトZ施工
次に既存のカラーベストの上にルーフイングを張っていきます。カバー工法は既存の屋根が下地になるということになります。

H様ルーフラミテクトZ張り
今回使用したルーフイングは超止水効果抜群の「ルーフラミテクトZ」を採用。
ルーフラミテクトZは釘を打つと特殊ポリマーが膨張して釘穴からの雨水を完全カットをする特殊技術が採用されています。
H様ルーフラミテクトZ棟部分
棟付近もしっかりカットしながらルーフラミテクトZを張っていきます。
ルーフイングを張ってからは少しなじませるように歩いていきなじませていきます。基本太陽熱で自然に既存のカラーベストになじんでいきます。

明日は超軽量屋根で災害にも強い屋根材「セネター」を施工していきますのでご紹介させていただきます。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

山口市で棟板金の釘が緩んで貫板が腐食したコロニアル屋根のカバー工事

スレート屋根
屋根カバー工事を施工後のセネター
工事内容
屋根カバー工事
外壁塗装
その他塗装
使用素材
屋根材/セネター 外壁/無機塗料
築年数
築14年
建坪
約30坪
保証
10年
工事費用
230~250万円
施工事例

下松市で苔の繫殖した化粧スレートの屋根カバー工事と外壁の重ね張り

施工前のスレート屋根
コロナで屋根カバー工法をした屋根
工事内容
屋根カバー工事
その他の工事
足場
使用素材
屋根材/コロナ ベランダ防水/FRP防水 外壁材/シャイニークォーツ
築年数
築25年
建坪
保証
10年
工事費用
410~430万円
施工事例

山口市で20年間リフォームをしていないスレート屋根の屋根カバー工事

経年劣化したスレート屋根
セネターを施工した屋根
工事内容
屋根カバー工事
足場
使用素材
屋根材/セネター 防水紙/ルーフラミテクト
築年数
築20年
建坪
28坪
保証
10年
工事費用
120~130万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

ガルバリウム屋根の施工

防府市で行っている屋根カバー工事の様子をお伝えします。前回の現場ブログでは、雨漏りを防ぐためのルーフィング(防水紙)の敷設についてお伝えしました。ルーフィングの敷設(前回の現場ブログ)はこちらをご覧ください本日は、新しい屋根材の施工について...........

ルーフィング(防水紙)

防府市で行っている屋根の重ね葺き工事(カバー工法)の様子をお伝えします。前回の現場ブログでは、屋根に付着した汚れを落とす高圧洗浄の様子を紹介しました。高圧洗浄の様子(前回の現場ブログ)はこちらをご覧ください

スレート屋根を高圧洗浄

防府市で行っている屋根カバー工事の様子をお伝えします。前回の現場ブログでは、屋根工事に必要な足場を仮設する様子をお伝えしました。足場の組み立て(前回の現場ブログ)は、こちらをご覧ください本日の現場ブログでは、高圧洗浄の様子を紹介します。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら周南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-838-878