オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

下松市の方へ、軒天でケイカル板が多いのはなぜ?軒天の塗装で白い色が多いのはなぜ?


軒天
軒天とは屋根を地上から見上げた屋根の裏側をいいます。
屋根の外壁より出てる部分を軒先といい、その裏側のことをいいます。
軒天井や軒裏天井呼ばれますが、軒天と略して呼ばれることが一般的になっています。
軒天の役割としましては、野地板や垂木などの下地材が見えないように見栄えをよくするためと、火災時に窓から炎が上がった場合に軒まで炎が達するのを防ぐ役目もあります。
昔は合板やベニヤ板が使用されてましたが、耐久性、耐水性、耐火性などに優れないために、近年ではケイカル板(ケイ酸カルシウム板)が多く使用されています。
ケイカル板とは、珪藻土(けいそうど)、消石灰(水酸化カルシウムのこと)、石綿(アスベスト)、水でできた合板です。
※現在はアスベストの使用が禁止されているために、ノンアスベストを使用するのが主流です。
耐火性、耐水性に優れているために現在の軒天の材料として、よく使用されています。
雨水により湿気が屋根裏に残ってしまうと野地板(下地材)などの腐食の原因になるために、通気口を設けたり、通気性のために表面に小さな穴が開いてる有孔タイプの物あります。

また屋根の裏側にあるために雨や風の影響を受けなそうですが、実は汚れたり剥がれたり実は痛みやすい部分でもあります。
そのために塗装を行ったり、破損が酷い場合には軒天ボードの張替えなどメンテナンスが必要になります。

軒天の張替えはこちらをご覧ください。

軒天には他にも金属板のガルバリウム鋼板やアルミスパンドレルなどを加工して使用することもあります。
またセメントに繊維質を混ぜて強化したフレキシブルボードなども使用されることもあります。



軒天塗装
ではケイカル板の軒天の塗装の時になぜ白い色に塗ることが多いのでしょうか?
軒天を濃い色に塗ってしまうと光の反射も少なくなり、下が暗くなり外壁の色も見えなくなってしまいます。
白い色を塗装することで、光の反射もおこり軒下が明るくなります。
といった理由でケイカル板の軒天の塗装では白い色を用いることが多いです。
皆さまも軒天の塗装のみすることはないでしょうし、屋根や外壁などの塗装を一緒にするはずです。
せっかく屋根の色や外壁の色やデザインを好みに決めて仕上げても、軒天が暗かったら光の反射も受けず映えませんので、軒天の色にも注意をしましょう。




信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら周南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-838-878