オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

下松市の方へ、化粧スレート(カラーベスト・コロニアル)屋根の割れや剥がれはなぜ起きるのでしょう?


化粧スレート剥がれ
良く化粧スレート屋根の点検や現地調査へ伺いますと、スレート屋根の割れや剥がれをよく目にします。
化粧スレート屋根材の耐久年数はメーカーは30年といっていますが、まだ築30年も経っていないのになぜ?と思う方もいるでしょう。
今回はなぜ割れや剥がれなどの化粧スレート屋根の不具合が起きるのかを、お伝えします。

まず、化粧スレートの屋根材は、現在セメントを含有した「カラーベスト」や「コロニアル」や大手ハウスメーカーの屋根材などが一般的になっています。
しかし、2004年より以前のスレート屋根にはアスベストを含有した屋根材が普及してました。このスレート屋根はアスベストを吸引すると人体に悪影響を及ぼすことが判明してから使用されなくなりました。
アスベストを含む屋根材を葺き替える際には、撤去時に産廃扱いとなり撤去費が割高になり、撤去工事で破損しますと粉塵が飛散するなどのリスクを伴うため、撤去する際には注意をしましょう。
アスベスト含有屋根材の詳しい説明はこちらをご覧ください。

スレート屋根ひび割れ
化粧スレート屋根は、他の屋根材と比較すると防音性や耐熱性に優れている反面、屋根材の塗装は剥がれやすいです。
塗膜が剥がれますと、防水機能低下により屋根材自体の劣化が進み、ひび割れやコケやカビの発生、屋根全体の反り歪み、更には屋根材が剥がれて飛んでいったりもします。
また釘も錆びて抜けたり、板金部分も浮いたりして隙間から雨水が侵入して雨漏りの原因になります。
化粧スレートなどの屋根材は毎日、太陽光や紫外線、風雨の影響を受けていますので膨張や収縮を繰り返しています。
雨水などの水分により膨張し、太陽光や風により収縮するという動きです。
その過程により、反りや割れや剥がれなど不具合が発生するのです。
また立地や方角によって痛み方も異なり、日照時間の短い北側などはカビやコケが発生しやすいです。
本来、化粧スレート屋根材は塗装によって保護されていますので、塗膜が劣化しますと防水性、耐久性などの防御機能が低下して様々な痛みが出てくるのです。
また釘の打ちこみすぎや釘の抜けなども屋根材の不具合の原因にもなります。

割れや剥がれ、水分を含むコケやカビが発生しているという事は化粧スレートが水分を含んでいるという事になり、塗装でのメンテナンスでは耐久性に期待が持てません。
そのため、家のためを思い長持ちさせるためには、カバー工法工事や屋根の葺き替え工事が良いでしょう。

スレート屋根のカバー工法工事の説明はこちらもご覧ください。
葺き替え工事の詳しい説明はこちらをご覧ください。

スレート(カラーベスト・コロニアル)屋根の点検・無料診断は「町の屋根屋さん周南店」までご依頼ください。





信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら周南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-838-878