オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

悪徳業者には注意しましょう。悪質な訪問販売の手口と対処方法


瓦屋根の外観
リフォームの訪問販売に関するトラブルは、決して他人ごとではなく、悪質な訪問販売業者がいる限り誰にでも起こるトラブルです。
すべての訪問販売業者が悪徳というわけではありませんが、街の屋根やさんにも悪徳業者に関するご相談が多く寄せられています。
悪徳業者の被害にあわないためにも、手口を知っておくことが大切です。

悪徳業者の手口

・挨拶を装った商法
リフォーム工事では、工事の着工前にご近所に挨拶を行うのが一般的ですが、近所で工事をすると装い、安心させて屋根の不具合を指摘して、点検やリフォームを勧めてきます。

・無料点検商法
「屋根を無料で点検します」と屋根に上がろうとします。
屋根に上がると、何も悪くなくても屋根が傷んでいると言ったり、自宅と似た他の家の画像を見せられたりして、屋根リフォームをさせようとします。
部分的な写真を見せられても自宅の屋根ではないと気づくことは困難です。
酷い業者であれば、お客様から見えないところで屋根を傷つけ、屋根材の破片や漆喰(しっくい)の剥がれを見せてリフォームを勧めてくる業者もいます。

・不安商法
「瓦がズレている」、「漆喰が剥がれている」などと屋根の傷み・不具合を指摘して、「今すぐ工事をしないと大変なことになる」などと不安をあおりリフォーム工事をさせる商法です。
強風で棟板金が飛んでいたり、瓦が落ちていたりすると屋根工事の緊急性が高くなります。
そのため、「今すぐリフォームした方がいい」というのは、時と場合によっては間違いではありません。
しかし、緊急性があるかどうかは下から見ただけでは判断できませんので、突然やってきた営業マンに「今すぐリフォームしないと危ない」などと言われた場合には注意が必要です。

訪問販売への対策

突然やってきた人を屋根に上がらせないことが大切です。
訪問販売業者のすべてが悪徳業者というわけではありませんが、良い業者か悪い業者なのか、その場で判断することは不可能です。
そのため、屋根の傷みや不具合を指摘されたら、地元の専門店に点検をしてもらいましょう。
その際には、複数の業者から見積もりを取ることがおすすめです。

クーリングオフ

言われるがままに契約してしまった場合であっても、契約日から8日以内ならクーリングオフできるので安心して下さい。
やり方は簡単で、郵便局の特定記録郵便や簡易書留などの発信日が証明されるサービスを使って契約解除の通知を送るだけです。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら周南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-838-878