オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

周南市の方へ、雨樋の不具合の原因や対処方法


施工後の雨樋と鼻隠し
屋根の雨水を集め、地上や下水に排水させる役割を担っているのが雨樋です。
雨樋に不具合があると、雨水が直接外壁を伝うことになり外壁の劣化を促進させたり、雨水が直接地面に落ちて飛び跳ねた泥水で基礎や外壁が汚れてしまいます。
跳ねた泥水には水分が含まれているので、外壁にカビ・藻が繁殖したり、劣化させる原因になります。
鼻隠しや軒天に雨水が伝い、劣化や腐食にもつながります。
そのため、あまり気にかけることはない部分ですが、雨樋は建物にとって重要な部分です。

雨樋の不具合

雨樋の落ち葉やコケ
雨樋の破損
風によって落ち葉や砂、ゴミが雨樋に落ちてしまうことがあります。
少しぐらいであれば雨水で流されて処理されますが、引っかかったりして流されずに残ってしまい、そこに違う落ち葉やゴミが引っかかります。
そうすると雨樋の中で次第に大きな塊となり、雨水の流れをせき止めてしまうことになります。
お家の近くに木がある場合には、特に注意する必要があります。

定期的に雨樋の掃除をしたり、落ち葉除けネットを付けることで対処できます。

雨樋の寿命は、20~25年と言われており、経年劣化により雨樋に穴が開いたり、割れたり、外れたりします。
台風による強風や積雪による重みなどで、雨樋が変形したり、外れてしまうこともあります。

屋根に雪止めを設置することで、積雪による雨樋の変形・破損を防止することができます。
また、台風や雪による雨樋の破損は、火災保険で補修できます。
火災保険は火災だけでなく、台風や大雪などの自然災害による建物の損傷にも保険が適用されます。
ただし、経年劣化による損傷・破損は対象になりません。

火災保険が適用される屋根工事はこちらをご覧ください
雨樋(軒樋)には、雨水をスムーズに排水するために傾斜が付けられています。
施工不良や支持金具の劣化などが原因で、傾斜の向きが逆になっていたりすると雨水がスムーズに流れず溢れてしまいます。

支持金具を調整することで解決しますが、無理に行うと金具が壊れてしまうこともあります。
傾斜が少ないと、雨水が溜まってしまいます。
逆に傾斜をつけすぎると、集水器に雨水が集まりすぎて、排水が間に合わず溢れることになります。
傾斜の角度は、10メートルにつき3~5cm程度が最適です。

まとめ

雨樋には排水という重要な役割があり、雨樋の不具合は建物の劣化に直結します。
破損や歪み、ずれがないか、スムーズに流れているかを定期的に点検してあげましょう。
周南市で雨樋の点検・修理についてのご相談は、街の屋根屋さん周南店まで。

雨樋工事の流れはこちらをご覧ください
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら周南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-838-878