周南市で不具合が起きた雨樋の修理・補修を考えている方へ


台風や大雨で雨樋に不具合が起きたという方もいるのではないでしょうか?
街の屋根やさん周南店でも周南市にお住まいのお客様から、「雨樋から雨水が溢れている」とか「雨樋が外れてしまった」などといったお問い合わせをいただいています。
そこで今回のコラムでは、雨樋についてお伝えします。
塗装後の雨樋
雨樋は、降ってきた雨水を集めて排水するという役割があります。
雨水は建物を劣化させる原因なので、排水機能を持つ雨樋は建物にとって重要な部分だと言えます。
雨樋が付いていることが当たり前なので、実際に雨が降っていても、雨樋のことを気にかける方は少ないのではないでしょうか。
ですが、雨樋に不具合があると建物の劣化を進めてしまうことになります。
雨樋の破損
画像は、周南市で無料点検を行った雨樋の破損です。
雨樋の不具合には、落ち葉やゴミなどで詰まったり、経年劣化で歪んだり、強風で破損したり外れてしまうなどがあります。
そういった不具合が起きると、屋根を伝ってきた雨水が雨樋から溢れたり、直接地面に落ちることで雨音が大きくなってしまい、泥水がはねて外壁が汚れてしまいます。
それだけでなく、雨水が鼻隠し軒天、外壁を伝ってしまい、汚れや劣化を早める原因になります。
外壁のひび割れ(クラック)やサッシ廻りなどの隙間から雨水が浸入してしまう可能性もあります。
このように雨樋の不具合が建物の被害につながってしまうため、不具合を放置せずに修理・補修することが大切です。
留め金具が錆びた軒樋
雨樋の交換時期は、15~20年程度です。
20年経過していても大丈夫そうに見えるかもしれませんが、固定している金具が劣化している可能性があるので、20年以上経過している場合には交換することをおすすめします。
寿命がきていなくても、台風や大雨、大雪などでも不具合が起きることがあるので、その場合には、早急に修理しましょう。
1.古くなった雨樋と金具の撤去
2.適切な勾配をとるために水糸を張り、金具の取り付け
3.雨樋の取り付け
4.排水テストをして、雨樋交換工事の完了

雨樋の交換には、足場が必要です。
外壁や屋根の工事と別々に行うと余計な足場代がかかることになりますので、外壁や屋根の工事をするときに一緒に雨樋の工事をするのがおすすめです。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら周南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-838-878