オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

周南市の方へ、雨樋の役割や壊れてしまう原因をお伝えします


皆さんはご自宅の雨樋の状態を気にしていますか?
おそらく意識して見ているという方は少ないのではないでしょうか。
普段、意識することはない雨樋ですが、お家にとって重要な役割を担っています。
今回のコラムでは、雨樋の役割や壊れてしまう原因についてお伝えします。
雨樋の破損
画像は、周南市で雨樋交換を提案した雨樋の破損の様子です。
壊れて穴が開いており、これでは雨樋の役割を十分に果たすことができません。

雨樋には、屋根から流れてくる雨水を軒先で受け、まとめて排水するという役割があります。
雨水は、軒樋(地面と水平に設置されている軒先の雨樋)から集水器に集められ、竪樋(縦に設置されている雨樋)を通って排水口に流れます。
雨の多い日本では、排水という役割は非常に重要です。
雨樋がなかったり、不具合があると、建物に様々な影響を与えてしまいます。

雨樋に不具合があると、降ってきた雨水が屋根から直接地面に落ちることで雨音が大きくなったり、飛び跳ねた泥水が外壁や基礎を汚してしまいます。
また、雨水が鼻隠し軒天、外壁を伝うようになることで、劣化を早めたり、汚れや雨染みが目立つようになったり、カビや藻が発生しやすくなります。
僅かでも隙間やひび割れがあれば、そこから雨水が浸入し、雨漏りを引き起こす可能性もあります。
雨樋が壊れる原因は、経年劣化やゴミ・落ち葉、自然災害が考えられます。
経年劣化では、雨樋を固定している支持金具が錆びることで雨樋を支えられなくなったり、温度差や紫外線で伸縮を繰り返し変形してしまいます。
ゴミ・落ち葉が雨樋に溜まると、雨水が溜まり、雨樋に負荷がかかることで雨樋の落下や支持金具の変形などの原因になります。
雨樋は自然災害によって破損することが多く、台風などの強風や雪の重み、雹(ひょう)などが原因で破損します。
自然災害による雨樋の破損や落下は、火災保険で補修できる可能性があります。
火災保険が適用される屋根工事はこちらをご覧ください

雨樋工事を検討されている方は、街の屋根さん周南店にお問い合わせください。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら周南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-838-878