光市方の方へ、雨樋の重要性や補修、修理の内容について


劣化した雨樋と鼻隠し
こちらは劣化した雨樋(あまどい)になります。
雨樋とは屋根から流れてくる雨水を一旦軒樋(のきどい)という雨水をためる場所に集め、地面に流す雨水排水システムになります。
この雨水排水システムがあることで家が雨水から守られているという事です。
雨樋が家にとってどのくらい重要なのかを説明します。
もしも家に雨樋が無かったら、雨水が屋根からそのまま地面に落ちることになり地面がえぐれたり、何年も続けばコンクリートなどでも削れていく事があります。
他にも、雨水を地面に直接落としていいることで地盤が緩み、家が傾くかもしれません。
大げさかもしれませんが、近年集中的に大雨が降ることが多くなっていいるのでないとも言い切れません。
留め金具が錆びた軒樋
雨樋は、およそ15年から20年が寿命だと言われており外壁塗装や屋根塗装などのメンテナンスをおこなう時期と同時期になる事が多いです。
雨樋、軒樋の補修、修理が必要な場合の例をいくつかあげておきます。
雨樋の何かのトラブルがあり不調をきたすと、雨水が建物内部に入り雨漏りしている場合。
雨樋、軒樋の修理が必要な原因で1番多いとされるのが破損やゴミの詰りで、破損があると屋根から落ちてくる雨水正常に受け止めきれなくなり溢れたり雨水が入ったりしてしまいます。
また、ゴミ(枯れ葉、泥)などが詰まってしまった場合も同様で、軒先、軒裏迄回ったり、外壁のひび割れに雨水が入る形を作る場合があり建物内部に雨水が入り建物内部にダメージを与えることになります。
雨樋を支えるのが支持金具なのですが、主に軒樋と呼ばれる、屋根から落ちてくる雨水をい一旦受け止める部分を支えてくれていています、この金具が外れていたり、錆びて壊れかけていたりすると本来の雨樋の機能を低下させてしまいます。
撤去した雨樋
こちらは、工事作業で撤去処分した雨樋になります。

雨樋の詳細はこちらになります。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら周南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-838-878