下松市で雨水を排水する役割がある雨樋の不具合を放置している方へ


皆さんにとって雨樋はあって当たり前のものではないでしょうか。
そのため雨樋のことを気にかけている方は少ないかもしれませんが、もし雨樋に不具合が起きているなら、その不具合を放置するのはお家にとって良いことだとは言えません。
そこで今回のコラムでは、雨樋についてお伝えします。
雨樋(軒樋)と集水器
雨樋は、屋根面から流れてきた雨水を集めて地上や下水に排水する役割がある設備です。
塩化ビニールや合成樹脂、ガルバリウム鋼板などの素材が使用され、半円型や角型などの形状があります。
雨樋のうち、軒先に取り付けられる地面と水平の雨樋を「軒樋(のきどい)」、地面と垂直に取り付けられる雨樋を「竪樋(たてどい)」と呼びます。
経年によって割れたり、雨水や雪の重さや強風の影響で外れる、などの不具合が起きます。
特に軒樋は強風などの影響を受けやすく、外れや破損の多い部位です。
外れた雨樋
雨樋の破損
画像は、下松市の破損した雨樋です。
雨樋の不具合が起きると排水がうまくいかず、外壁が雨水にさらされる機会が多くなり雨染みやカビ・コケ・藻が発生したり、外壁のクラック(ひび割れ)から雨水が浸入して雨漏りが起きる危険性が高くなります。
また、屋根からの雨水が直接、地面に落ちるようになり泥水がはねて外壁が汚れたり、雨音が大きくなります。
このような悪影響を建物に与えないように、雨樋の不具合を放置せずに修理しなければいけません。
before1
劣化した雨樋と鼻隠し
horizontal
after1
施工後の雨樋と鼻隠し
画像は、雨樋交換工事のビフォーアフターです。

雨樋が破損したり、外れている場合には、新しいものに交換します。
部分的に交換することもできます。
雨樋だけでなく、雨樋を取り付けるための金具もあわせて交換します。
雨樋の交換費用は約30~50万円程度かかり、1~2日で工事できます。
足場が必要になるので、外壁塗装や屋根リフォームの時に一緒にメンテナンスを行うことがおすすめです。

屋根や外壁の不具合と違って軽く考えてしまいがちですが、雨樋の不具合が建物の劣化や雨漏りにつながってしまうことを考えると不具合を放置せずに修理・補修することが大切です。
自然災害による破損であれば、火災保険で直せる可能性もあるので、雨樋の不具合を発見したら、できるだけ早く専門の業者に点検と修理を依頼しましょう。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら周南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-838-878