オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

山口市の方へ、雨樋の詰まりを放置しているとどうなるのか


山口市で無料点検をした住宅の屋根には不具合もなく問題ありませんでしたが、雨樋に落ち葉などが溜まっていました。
雨樋に落ち葉が溜まると、どうなるのでしょうか。
今回のコラムでは、雨樋の詰まりについてお伝えします。

雨樋の落ち葉やコケ
雨樋が詰まる原因で最も多いのが、落ち葉やゴミです。
風で飛ばされてきた落ち葉や小枝、ビニール袋などのゴミが雨樋に溜まって雨水の流れを遮ることで起こります。
近くに木がある場合には、特に詰まりやすいので注意する必要があります。
軒樋が詰まることが多いですが、集水器が詰まることもあります。
雨樋は屋根を流れてきた雨水をまとめて地上や下水に送るためのもので、雨水が流れなくなると排水という役割を果たせなくなります。
雨樋(軒樋)
黒く汚れた雨樋
雨樋が詰まると、雨水の排水がうまくいかなくなり、雨水が雨樋から溢れます。
雨樋から溢れた雨水が地面に落ちることで外壁に泥水が跳ねて汚れ、付着した泥を栄養にカビやコケ、藻が発生して外壁を劣化させます。
また、溢れた雨水が風で飛ばされたり、雨樋を固定している金具を伝って鼻隠し軒天、外壁に到達します。
そうすると建材の劣化を早めたり、外壁にクラック(ひび割れ)があればそこから雨水が浸入し、カビの発生や下地の腐食につながります。
建物の重大な被害につながらないように、雨樋の詰まりを解消しましょう。
落ち葉やゴミが詰まりの原因なので、定期的に清掃して雨樋に溜まった落ち葉やゴミを取り除くことで詰まりを防ぐことができます。
落ち葉などの多い季節や梅雨、台風の前には注意しましょう。
詰まりがひどくなる可能性があります。
雨樋は高い箇所にあり、2階部分の清掃は特に危険ですので業者に任せるようにしましょう。

定期的に清掃をするのは大変という方には、落ち葉除けネットがおすすめです。
軒樋に落ち葉除けネットを取り付けることで、雨樋の詰まりの原因となる落ち葉やゴミが入るのを防ぐことができます。

落ち葉除けネットの詳細はこちらをご覧ください
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら周南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-838-878