オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

周南市の方へ、雨漏りの初期症状とは?どんな症状が出ていたら危険なのか


瓦と瓦棒
大きく分けると雨漏りには2つのパターンがあります。
1つは、台風などの強風をともなう雨で棟板金が剥がれたり、瓦がズレたりして、即座に室内に雨水が侵入するパターンです。
もう1つは、天井や壁が徐々に変色してきたら、突然染み部分から雫が落ちてくるパターンです。

後者の場合では、かなり前から雨漏りしており、それが何ヶ月も経って室内に侵入したということが多いです。
そうすると天井裏や壁の内部がひどい状態になっているということもあります。

雨漏りは、壁やシミだけの問題だけでなく、建物の構造である柱や梁にダメージを与え腐食させてしまいます。
また、雨漏りすることでカビが発生して健康被害にもつながります。
そのため、雨漏りしている場合には、早急に対処することが大切です。
今回のコラムでは、雨漏りの初期症状についてお伝えします。

雨漏りの初期症状

天井の雨染み
天井の雨染み
壁紙やクロスにシミがあれば雨漏りしている可能性が高いです。
雨水でクロスが濡れている状態が続くと、接着力が弱くなり、クロスが剥がれます。
また、クロスの裏側にカビが発生する可能性もあります。
小さなシミであったり、水が落ちてこなくても、天井にシミができている場合には、雨漏りしている可能性があります。
クロスや天井自体が剥がれてしまう可能性があります。
屋根からの雨漏りでなくても、水道管や排水管から漏水していることもあります。
家の中がカビ臭く感じる場合には、雨漏りは発生しているが内部には症状が出ていない状態である可能性が高いです。
屋根や外壁から内部に雨水が侵入すると、建物内部が湿った状態になりカビが繁殖します。
柱の腐食など重大な被害が出る前に、早めに点検を行いましょう。
軒天に雨染みがある場合には、注意が必要です。
屋根から侵入した雨水が勾配の関係で軒先へ流れ、軒天にシミができたり、剥がれたりします。
軒先の傷みの原因が屋根の雨漏りなら、内部の野地板や垂木が腐食している可能性もあります。
単なる軒天の劣化だと思わず、原因を調査する必要があります。

まとめ

雨漏りの被害を最小限にするためにも雨漏りの早期発見・早期補修が重要ですが、急いでいるからといっていい加減な業者にまかせてしまうと被害が拡大してしまう恐れもあります。
そのため、雨漏りを発見したら信頼できる業者に工事を依頼するようにしましょう。

周南市で雨漏りにお困りの方は、街の屋根やさん周南店までお気軽にご相談ください。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら周南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-838-878