オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

雨漏りしてから業者が来るまでに何をすればいいのか


天井の雨染み
突然、雨漏りすると、どうすればいいのか焦ってしまいます。
早めに対処しないと、天井から滴り落ちる水滴で室内が水浸しになったりしますので、専門の業者にお問い合わせをしてから業者が来るまでの間にできることを紹介します。

対処法

天井から雨漏りして水が滴っている場合は、敷いた新聞紙やレジャーシートの上にバケツを置いて室内が濡れるのを防ぎます。
床が濡れるとカビや腐食の原因になります。
バケツを置いただけでは、水が跳ねて飛び散ることがありますので、バケツの底に雑巾やタオルを置いておくと水しぶきを防ぐことができます。
ただし、水が溜まると効果がなくなるので、こまめに水を捨てるようにしてください。
屋根裏を覗ける場合は、どこから雨漏りしているか確認をして、屋根裏にバケツを置いたりブルーシートを敷いたりすれば天井が濡れるのを防ぐことができます。

窓やサッシから雨漏りすることもあります。
その場合には、カーテンを取り外し、ビニールシートやゴミ袋を敷いて、雑巾でこまめに水分をふき取るようにしてください。
カーテンは濡れ続けるとカビが発生してしまうので、早めに外すようにしてください。
屋根にブルーシートをかけて応急処置をしますが、ご自分でされるのは控えてください。
屋根の上は勾配があり、高所のため非常に危険です。
また、雨で濡れて滑りやすくなっているので、屋根の上に上がらないでください。
落下の危険だけでなく、屋根に上ると屋根材にひびが入ったり、割れることもあります。

雨漏り箇所を特定していないのにコーキングなどで隙間をふさぐと雨漏りを悪化させたり、雨水の通り道が変わって他の箇所から雨漏りすることもあります。
そのため、雨漏りした場合には、地元の屋根やさんにお問い合わせしてください。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら周南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-838-878