オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

雨漏りを放置することで起きる被害、カビの発生とシロアリの繁殖


塗膜の剥がれたセメント瓦屋根
雨漏りすると様々な被害が出ます。
すぐに発見できる被害が軽いものだったとしても、放置することで思いもよらない被害につながることもあります。
今回のコラムでは、雨漏りによる被害について紹介します。

雨漏りによる被害

雨漏りの被害は、雨水が浸入する「一次被害」と雨漏りが発生したことで引き起こされる「二次被害」の2つの段階に分けられます。
二次被害が発生すると修理のために高額な費用が必要になる可能性もありますので、雨漏りの一次被害が出た段階ですぐに雨漏りを修理することが大切です。
雨水が浸入することで湿気が溜まり、カビが発生します。
カビは目に見える場所だけでなく、屋根裏や壁紙の裏など見えない場所にも発生します。
カビの発生を放置すると建物を傷めるだけでなく、咳や頭痛、ぜんそくなど体に悪影響を及ぼす可能性もあります。
カビ臭いと感じたら点検を行いましょう。

雨漏りで水分を多く含んだ木材はシロアリの格好のエサです。
シロアリは木材の中身を空洞にするような食べ方をするので、シロアリの被害に気付くのが遅れてしまいます。
シロアリによって柱などの建物の構造にダメージを与え、ボロボロにしてしまう危険性があります。
雨漏りの被害で最も危険なのが漏電です。
雨漏りによって電気製品やコードが濡れてしまうと漏電を引き起こす恐れがあります。
漏電によって電化製品が壊れるだけでなく、火災が起きたり、感電の恐れもあります。
雨が降ると家電の調子が悪くなったり、ブレーカーが落ちる場合には、漏電している可能性がありますので、早急に専門業者に点検してもらいましょう。


信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら周南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-838-878