大雨の時だけ雨漏りする理由は?雨漏りの危険性と点検の必要性


瓦屋根
雨が弱い時には雨漏りしないのに、大雨の時だけ雨漏りする場合には、雨漏りの初期症状の可能性があります。
雨漏りすると、瓦が割れていたり、剥がれていたりと、見てすぐに原因がわかるような雨漏りを思い浮かべる方が多いと思います。
ですが、実際には、ほんの少しの隙間からでも雨水は侵入してしまいます。
それなのに雨漏りに気付かないのは、少しの雨水であれば内部に侵入しても天井や壁に染みてこないため、雨漏りしていても気付かないのです。

少量の雨水であっても建物に柱や梁にダメージを与えるので、危険です。
雨漏りにより住宅は確実に傷んでおり、湿気がこもることでカビが発生します。
カビは、ぜんそくなどの原因になり、思わぬ健康被害が出る可能性があります。
また、建物の腐食が進み、シロアリが繁殖する危険性もあります。
湿った木材がシロアリの格好のエサとなり、屋根裏だけでなく柱などにも広がってしまいます。
天井や壁の一部が何となく変色したように感じたり、カビ臭いと感じた場合には、専門の業者に点検してもらいましょう。

台風や大雨などで一度に大量の雨が降ったり、梅雨時期に長期間雨が続くと、居住空間にまで雨水が染み出して雨漏りしていることに気付くことになります。
何ヶ月も前から雨漏りが続いており、天井裏や壁の内部が酷い状態になっていることもあります。
大雨の時だけでなく、普段から雨漏りして建物を劣化させている可能性があるので、専門の業者に点検・修理を依頼してください。

ほとんどの方は、何か異常が起きるまでメンテナンスをせず、異常が目に見えた時には大きな被害が出ており大掛かりな工事が必要になることが多いです。
目に見えない雨漏りからお家を守るためにも、定期的な点検が大切です。

雨漏りの主な原因や補修方法も併せてお読み下さい

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら周南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-838-878