オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

防府市で雨漏りの調査により漏水箇所の特定を検討されている方へ


防府市にお住まいのお客様から「雨漏りの調査をしてほしい」と依頼がありましたので、伺いました。
雨漏りを直すには、雨水が浸入している箇所を特定して、隙間を塞ぐ必要があります。
しかし、雨漏りの箇所を特定することは困難で、原因を特定できないまま雨漏り修理をしても、雨漏りが直らなかったり、別の箇所から雨漏りしてしまうこともあります。
今回のコラムでは、雨漏りの調査についてお伝えします。
天井の雨染み
画像は、防府市で雨漏り調査をした家の天井の雨染みです。
雨漏りすると、天井や壁にシミができたり、柱や梁といった建物の構造にダメージを与えてしまい、湿った木材をエサとしてシロアリが発生することもあります。
また、水分や湿気で壁の内部にカビが発生してしまい、アレルギー疾患や喘息の原因になり、健康に悪影響がでることがあります。
そのため、雨漏りを発見した場合には、早めに修理する必要があります。
ボロボロと崩れ落ちたシーリング
雨漏りの主な原因は、屋根材のズレや割れ、漆喰の剥がれ、棟板金の浮きや剥がれなどです。
スレート屋根(カラーベスト、コロニアル)の塗装の際に縁切りをしていないなどの間違った施工が原因になることもあります。
雨漏りといえば、屋根からというイメージがありますが、外壁やベランダから雨漏りすることもあります。
外壁の継ぎ目やサッシ廻りのシーリングが劣化してできた隙間や外壁のクラック(ひび割れ)、ベランダの防水の劣化などが雨漏りの原因になります。
一般的な雨漏りの調査方法は、「目視調査」「散水調査」「赤外線サーモグラフィー調査」の3つです。

・目視調査
梯子を使い屋根の上にあがって、屋根材のひび割れや板金の浮きなどがないか確認します。
天井裏を調べて、雨水が浸入した形跡を目で見て調査する方法です。
屋根だけでなく外壁やベランダが雨漏りの原因となる可能性もあるので、建物全体を調査します。
大抵は無料ですが、費用がかかることもありますので事前に確認しましょう。

・散水調査
雨漏りの原因となっている可能性がある箇所に、ホースで水をかけて漏水箇所を特定する調査です。
漏水箇所を特定できるので余計な工事をする必要がなくなります。
目視調査よりも手間も時間もかかるため、費用がかかります。

・赤外線サーモグラフィー調査
温度の違いが分かるサーモカメラを使用して漏水箇所を特定する調査です。
雨漏りしている箇所は、雨水の影響で温度が低下するので、温度変化で漏水箇所を判断できます。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら周南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-838-878