オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

防府市の方へ、自分でできる雨漏りの応急処置をお伝えします


急な雨漏りで業者に連絡しても、台風や大雨の時であればその日のうちに業者が来てくれるということはほとんどありません。
そのため、業者が来るまでに雨水が浸入して、室内が水浸しになりかねません。
今回のコラムでは、業者が来るまでに自分でできる応急処置の方法をお伝えします。
屋根にかけたブルーシート
雨漏りの応急処置で真っ先に思い浮かべるのは、屋根にブルーシートを掛けることではないでしょうか?
雨漏りの原因になっている箇所にブルーシートを被せるので効果的ですが、雨で濡れている屋根は滑りやすく危険です。
そのため、ご自分で屋根の上にあがるのは止めて、業者に任せましょう。
必要なものは、バケツ、タオル、レジャーシートです。
天井から水滴がポタポタ落ちてきている場所に、レジャーシートを敷いて、バケツを置き、床が濡れるのを防ぎます。
バケツを置いただけでは水が跳ね返ってしまいます。
その跳ね返りを防ぐために、バケツの中にタオルを入れておきます。
バケツに水が溜まってくると水が飛び散りやすくなるので、こまめに水を捨てましょう。

屋根裏を覗ける方は、雨漏りしている箇所にバケツを置いたり、シートを敷いて、雨水が室内に侵入するのを防ぎましょう。

窓やサッシから雨漏りしている場合には、水が垂れてくる場所にタオルを置いておき、定期的にタオルを替えるようにしましょう。
雨漏りを放置したままにしていると、被害が拡大していきます。
雨漏りを発見した時には、すぐに専門の業者に連絡をして、自分でできる応急処置をしておきましょう。
また、雨漏りを予防するために、定期的な屋根の点検・メンテナンスをしてもらうことがおすすめです。
点検をしてもらうことで、その業者が信頼できるかどうか判断する材料にもなります。

防府市で雨漏りの被害でお困りの方は、街の屋根やさん周南店にご相談ください。

雨漏りの主な原因と補修方法はこちらをご覧ください
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら周南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-838-878