オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

防府市の方へ、雨漏りの調査で原因を特定する方法をお伝えします


雨漏りの原因にはいくつもあり、天井から水が滴り落ちて雨漏りしているからといって、それが屋根材のひび割れが原因とは限りません。
雨漏りの原因を特定するのは非常に困難で、雨水が滴り落ちている天井の真上が原因箇所だとは限りません。
原因がわからないまま、やみくもに修理をすると雨漏りが止まらなかったり、別の箇所から雨漏りが発生してしまうということもあります。
今回のコラムでは、雨漏りについてお伝えします。
天井の雨染み
画像は、防府市の屋根から雨漏りしている家の天井の雨染みです。

雨漏りは、室内に落ちてくる雨水が少なく影響が僅かだったとしても、そのまま放置していると深刻な事態に発展する可能性があります。
雨漏りをそのままにすると、天井や壁のシミ、柱や梁といった木材の腐食など、建物にダメージを与えてしまいます。
漏電して火災を引き起こす可能性もあるので危険です。
また、カビが発生して、頭痛や喘息などの健康被害が出る可能性もあります。
そのため、雨漏りが発生したら、できるだけ早く原因を特定して、対処する必要があります。
屋根材のズレやひび割れ、棟板金の浮きから雨水が浸入します。
スレート材(カラーベスト、コロニアル)の場合は、表面の塗膜が劣化すると防水性能が低下して雨漏りの原因になります。
棟瓦を固定している漆喰の剥がれや棟瓦の歪みから雨水が浸入します。
スレート屋根の塗装では、「縁切り(えんぎり)」という作業を行わなければならず、縁切りをしないことが原因で雨漏りする可能性があります。

屋根からだけでなく、外壁のひび割れ(クラック)やサッシ廻りのシーリングの劣化、ベランダ・バルコニーの防水の劣化からも雨漏りしてしまいます。
雨漏りの調査は、実際に屋根の上にあがって行います。
屋根の上は滑りやすく危険なだけでなく、屋根材を割ってしまう可能性もあるので、ご自分で調査せず、必ず専門の業者に任せましょう。

・目視調査
屋根裏から雨漏り箇所を確認したり、屋根材のひび割れなど漏水の可能性がある箇所を調査します。
雨漏りの原因箇所が一箇所とは限らないので、徹底的に調査します。
基本的に無料ですが、中には費用がかかる場合もありますので、調査前に確認しましょう。

・散水試験
確実に雨漏りの原因を特定するには散水試験という方法もあります。
散水試験は、漏水の疑いのある箇所に水をかけて漏水箇所を特定する調査です。
やみくもに水をかけても漏水箇所の特定はできないので、事前の調査で水をかける場所や時間を決めておきます。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら周南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-838-878