オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

周南市で雨漏り修理のための屋根工事を何度しても直らない方へ


周南市のお客様から「何回か雨漏りの修理をしたけど直らない」というご相談をいただきました。
なぜ、修理をしたのに直らないのでしょうか?
屋根の無料点検や工事を行っていても、そういった経験のある方は少なからずいるようです。
そこで、今回のコラムでは、雨漏り修理をしても直らない理由についてお伝えします。
瓦屋根
画像は、ご相談いただいた周南市のお客様の屋根です。
瓦が割れているなど、雨漏りの原因がすぐにわかるということはありませんでした。
何度も修理をしても雨漏りが直らないのは、雨漏りの原因を特定できていない可能性があります。
雨漏りの原因が瓦屋根の割れやスレート屋根(カラーベスト)の棟板金の剥がれなどであれば特定するのは簡単です。
ですが、建物の構造は複雑で、雨漏りの原因となる箇所が多くあります。
瓦屋根の漆喰の剥がれ、屋根と外壁との雨押え板金の隙間、外壁の(クラック)ひび割れ、サッシ廻りやシーリングの劣化など、雨漏りの原因は数多くあり特定することは困難です。
また、一ヶ所の穴を塞いだから終わりというわけではなく、原因が複数であることもあります。
そもそも間違っている箇所を修理したり、他にも雨漏りの原因となっている箇所が残っているということあるので、雨漏りの修理には知識と経験が豊富な業者に頼むことが大切です。
雨漏りの原因箇所を特定するための方法が散水試験です。
漏水の疑いがある箇所に、ホースを使い水をかけて漏水箇所を特定する方法です。
思い付きで水をかけると正しい漏水箇所の特定ができないので、水をかける長さや順番を考えて行う必要があります。
散水試験は有料であることがほとんどですが、確実な漏水箇所の特定を行うことで余計な工事をしなくても済むので、雨漏り修理の為にはする価値のある調査です。
雨漏りの修理には、漏水している箇所を特定することが大切です。
ですが、雨漏りの原因を特定することは困難なので、雨漏り修理の実績のある専門業者に依頼しましょう。
雨漏りでお悩みの方は、街の屋根やさん周南店にご相談ください。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら周南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-838-878