防府市の方へ、雨漏り修理について


2019_10_13_12_50_29_588_8_R-columns2
こちらのコラムでは様々な個所からの雨漏りした時の雨漏り修理について説明していきます。
雨漏りを引き起こすと建物全体に多大なダメージを与える原因になるので雨漏り修理は重要です。
カラーベストの劣化が原因から雨漏りが発生することがありますが上記の写真はカラーベストが割れているものですがこちらを長年放置しておくと下地が腐食してしまい雨漏りの原因となる恐れがあるので専門業者による雨漏り修理が必要になります。
2019_10_13_12_43_19_024_17_R-columns2
破風板からの雨漏りですが、一番の原因は劣化で破風板は紫外線や雨風によるダメージを受けている箇所で劣化しやすい箇所で、破風板の材質は木質で表面は塗装で守られていますが再塗装せずに長年放置しておくと塗装がはがれてしまい木材が腐食して雨漏りしてしまい雨漏り修理が必要になります。
2019_10_13_12_47_28_204_20_R-columns2
コーキングのひび割れからの雨漏りについてですが、外壁が膨張したり、収縮したりを繰り返しすることでコーキングにひび割れをもたらす大きな原因でひび割れの劣化を放置しておくことで、雨水が外壁内部に侵入することで雨漏りを引き起こす原因となるのでコーキングのひび割れは放置せず補修することで雨漏りから守ることができますが雨漏りをしているときにはコーキングの補修ではなく雨漏り修理が必要となります。
2019_10_13_12_47_28_207_27_R-columns2
外壁のクラックからの雨漏りですが、ひび割れや亀裂部分の幅が2mm以上あるときは、建物内部まで雨漏りの影響を受けている可能性があるため、雨漏り修理を頼まないといけません。
外壁の劣化は避けれないため、点検を長年していない建物はひび割れやクラック箇所から雨水が建物内部に侵入していないか確認する必要があり、雨漏りの下跡があるなら雨漏り修理が必要となってきます。
2019_10_13_12_47_28_197_6_R-columns3
ベランダ、バルコニーの雨漏りの主な原因は劣化や施工不良が多いです。
雨漏りを防ぐには、様々な対処法がありますが、まずはベランダ、バルコニーに落ち葉や水をためない事です。


2019_10_13_12_47_28_207_28-1_R-columns3
ベランダ、バルコニーの雨漏りを放置しておくとベランダ、バルコニー全体が腐食してしまいます。
防水シート、防水塗装の防水層の劣化が雨漏りの原因になるので定期点検は必要になり、雨漏りが発生しているときは建物に多大なダメージを与える前に雨漏り修理を専門業者に依頼することをお勧めします。


2019_10_13_12_47_28_196_5_R-columns3
建物内部の雨漏りの原因は、建物の外部からの雨水が浸入することで発生します。
では、建物内部に雨水が浸入すとどのような症状が出るのか、木材が濡れることで変色してしまうので雨染みができたり、壁のクロス、天井のクロスが雨漏りが原因でクロスが浮いたり、剥がれたりします。
このようなことが起こると自分では雨漏り修理をすることは不可能なので、専門業者さんに雨漏り修理を依頼しましょう。
山口県防府市でお住いの方で、雨漏り修理にお困りの方は街の屋根やさん周南店にお任せください。
最後に、住宅の雨漏りには様々な原因から起こりうる可能性があります。
雨漏りがしてからでは遅いので定期的なメンテナンスが必要になってきます。

山口県防府市にお住いの方で雨漏り修理にお困りの方は街の屋根やさん周南店にお任せください。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら周南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-838-878