柳井市の方へ、足場を設置せずに屋根工事はできないのか


屋根工事をする時には足場が設置されます。
ですが、足場の設置にはかなりの費用がかかるだけでなく、設置時の騒音や工事中ずっと足場があることからお客さんにとっては大きな負担になります。
そのため、「足場なしで工事はできないのか?」と思っている方もいるのではないでしょうか。
仮設足場
そもそも足場を設置するのはなぜでしょうか。
足場を設置する最も大きな理由は、職人の安全を確保するためです。
屋根の上は傾斜しており不安定なので気を付けていたとしても作業中に足を滑らせてしまって落下して怪我をする可能性があります。
屋根の高さは約6mあり、その高さから落ちてしまえば怪我では済まない可能性も十分あります。
また、労働衛生安全法の定めにより2mを超える高所での作業では、安全のために足場を設置しなければならないと規定されています。
そのため、足場を設置することで屋根からの落下を防ぎ、作業員の安全を確保しています。
足場
画像は、柳井市の屋根工事の際に設置した足場です。
仮設足場に設置された階段
足場があることでお客さんにとってもいいこともあります。
足場があることで、足場がない時と比べて落下の危険性がなくなるので作業に集中でき、屋根の隅々まで正確に施工でき、工事の品質の向上につながります。
いくら経験豊富な職人であっても屋根の端で作業に集中することは不可能です。
屋根工事に使用する材料や道具を屋根の上に運ぶのも速くなり、作業効率が上がります。

足場の設置には一般的な大きさの住宅で10~15万円程度かかり、金属製の材料をハンマーで叩いて足場を組み立てるのでかなり大きな音が出たり、工事中ずっと足場があるので生活の邪魔になり、お客さんにとって大きな負担になってしまいます。
ですが、職人の安全性、作業効率・工事品質の向上など大切な役割があるので、必ず足場を設置しなければいけません。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら周南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-838-878