オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

周南市の方へ、屋根の板金とは


屋根には瓦やスレート(カラーベスト)などの屋根材が使用されており、その屋根材にひび割れやズレなどの不具合があれば当たり前のことですが雨漏りを起こし、柱などの建物の構造にダメージを与えたり、天井に染みができたりと、住宅に悪影響を与えてしまいます。
そのため、屋根材の劣化や不具合には気を付けている方がほとんどではないでしょうか。
ですが、なにも屋根材だけが雨漏りの原因になるわけではありません。
屋根には屋根材以外にもさまざまな材料が使用されており、その中で屋根材以上に雨漏りの原因になりやすいのが「板金」です。

屋根の板金

スレート屋根
板金は、板状に薄く加工された金属の板です。
屋根の棟や谷などざまざまな部位に使用されており、使用する部位の形状に合わせて板金を加工して使います。
板金の素材には、トタン(亜鉛メッキ鋼板)やガルバリウム鋼板、ステンレスなどがあり、かつてはトタンが多く使用されていましたが、現在では耐食性・耐久性・価格などの面からガルバリウム鋼板が使用されることが多くなっています。
屋根で板金が使用されるのは、屋根面と屋根面がぶつかる箇所や屋根と外壁がぶつかる箇所など、屋根材だけでは雨水の浸入を防げない部位に雨仕舞いの目的で使用されます。
雨仕舞いは、雨水の通り道をつくり、適切に排水することで雨水の浸入を防ぐという考え方です。
雨水が多く集まる箇所に板金を設置することで、雨水が溜まらなくなり雨漏りが起きにくくなります。
そのため、屋根の板金が劣化すると雨漏りが起きやすくなってしまいます。
ガルバリウム鋼板の棟板金

スレート屋根の棟板金

屋根の棟板金

棟板金は屋根の頂上部分である棟に設置される板金です。
スレート屋根や金属屋根に設置されますが、瓦屋根では棟板金を使わず棟瓦と漆喰で施工します。
棟板金は屋根の最も高い場所にあるので風の影響を受けやすく、劣化により釘やビスが錆びたり下地の貫板が腐食することで板金を固定する力が弱くなり、強風で飛散してしまうこともあります。
板金自体の耐用年数は20年を超えますが、板金の取り付けに使っている貫板や釘、コーキングは板金よりも早く寿命を迎えることから15年程度で交換することをおすすめします。
貫板を木材から腐食しない樹脂製にしたり、錆びにくいステンレス製のビスを使用することで、棟板金の耐久性を上げることができます。

棟板金の詳細はこちらをご覧ください
施工後の谷樋

スレート屋根の谷樋

スレート屋根の谷板金(谷樋)

谷板金は屋根面がぶつかり合って谷になっている部位に設置される板金で、谷樋とも呼ばれます。
屋根に流れる雨水が集まる箇所なので屋根の中で最も雨水の量が多くなり、雨漏りしやすい部位です。
錆びで開いた穴から雨水が浸入したり、板金がゆがんで雨水の排水がうまくいかなくなることで雨水が溢れて屋根材の下に入り込み、下に敷かれている防水紙を劣化させ雨漏りにつながります。
傾斜の緩やかな屋根は急な屋根と比べて雨水の排水性が低いので谷板金の不具合が起きやすく、注意する必要があります。
また、瓦屋根の谷板金が銅板製である場合にも不具合が多いので注意してください。

谷板金(谷樋)の詳細はこちらをご覧ください

取り合い部分の雨押え板金

屋根の板金

屋根と外壁との取り合い部の雨押え板金

屋根と外壁の取り合い部分に設置される板金です。
建物で異なる部材がぶつかる箇所のことを「取り合い」と呼びます。
取り合い部分は違う部材がぶつかっているので隙間ができやすく、隙間から雨水が侵入しないように雨仕舞いが重要です。
2階部分の外壁を伝って流れてきた雨水が1階の屋根との取り合い部分の隙間から入らないように雨押え板金が取り付けられます。
雨押え板金と外壁との隙間から雨水が浸入しないように施工されているコーキングが劣化することで雨水が浸入します。
屋根のケラバ

スレート屋根のケラバ板金
天窓

上記以外にも板金は使用されており、屋根の先端部分であるケラバや軒先、天窓の周辺にも使われています。
ケラバは屋根の先端部分なので板金がないと屋根材の横から雨水が浸入してしまいます。

このように屋根には多くの場所に板金が使用されており、雨漏りを防ぐうえで重要な役割を担っています。

屋根板金の点検

棟板金の錆び
棟板金の釘の緩み
棟板金の浮き
屋根板金の錆びや釘の緩み、板金の穴・変形などは地上からでは確認しにくく、実際に屋根に上がらなければなりません。
ですが、ご自分で点検するのはやめてください。
なぜなら、屋根の上はいつ強風が吹くか分からなかったり、コケや藻などの影響で滑りやすくなっていたりと、とても危険です。
また、踏むヵ所が悪いと屋根材が割れてしまうこともあったり、ほんの僅かな隙間でも雨漏りの原因になってしまうので、プロでないと点検は困難です。
そのため、屋根の板金の点検は専門の業者に頼みましょう。

周南市で屋根の板金の劣化状況が気になる方は、街の屋根やさん周南店の無料点検をご利用ください。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら周南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-838-878