オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

下松市でベランダの雨漏りでお困りの方へ


ベランダ雨漏り
今回は雨漏りが非常に多いベランダについてお伝えします。
雨漏りの原因と聞けば屋根からと思い浮かべる方が多いと思いますが、実はベランダやバルコニーからの雨漏りも屋根同様に雨漏りの多い箇所になります。
ベランダの雨漏りの放置は、外壁の劣化のみではなく、家の木材が腐ったりベランダの下の部屋のクロスが痛んだり、更にはシロアリが発生したりと被害は拡大ばかりです。
特に笠木と外壁の取り合い部分やサッシと防水の取り合いのシーリングの劣化からの雨漏りも多いです。
早期発見ですと、笠木の繋ぎ目などシーリング工事のみで対応できますが、外壁まで水が廻っている場合には既存のサイディングボードを撤去して、新しいものに張り替えることや、現在の外壁の上からアルミサイディングを張るカバー工法など劣化状態によって様々な工法があります。
余りにも劣化が深刻な場合には、新たにベランダを作り直す費用も大きく掛かる工事になります。


ベランダ雨漏りシロアリ
ベランダの床面は、日々雨風にさらされ、歩いたりエアコンの室外機など物が置いてあったりします。
そのため、ベランダの床に張られている防水シートや防水塗装のFRP防水やウレタン防水も経年劣化します。
その結果、ひび割れ・破れ・剥がれなどが起こり雨漏りの原因になってしまいます。
またベランダの防水面ですと、排水口(ドレン)からの雨漏りも多くの原因になっています。
大雨が降るとベランダに水溜まりできるなどですと、施工時の勾配の可能性もありますが排水口が詰まっている事が多いでしょう。
排水口に水は集まりますので、排水機能が低下していますと排水口の周りの防水層も劣化して剥がれたり、その隙間から雨水が水浸して雨漏りに繋がります。
最後に、ベランダやバルコニーは大変雨漏りの多い場所になりますので、外壁塗装などメンテナンスをする際には、ベランダ・バルコニーの雨漏り点検を一緒に行ってもらうと良いでしょう。
コラム~「意外と多い笠木が原因のベランダ・バルコニーの雨漏り」はこちらもご覧ください。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら周南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-838-878